【WordPress】このプラグインは何だったっけ?英語が苦手なら『Plugin Memorandum』であらかじめメモしておこう

スポンサーリンク

正直英語は得意ではないです。
WordPressにプラグインを追加するとき、なんとなく英単語で推測することができる程度の英語力しか持ち合わせていないので、改めてプラグインを見返すときに、これどんなプラグインだったっけ?とわざわざググって調べる始末。そんな手間を『Plugin Memorandum』が見事に省いてくれました。

スポンサーリンク

『Plugin Memorandum』は地味ながらきっと心強い味方になる。そんなプラグイン

このプラグインをWordPressに追加することで、劇的に何かが便利になるとかそういった類のプラグインではありません。だけど、あると安心する。そんな感じ。
このプラグインの特徴はプラグインの説明を補足するとでもいうべきでしょうか。以下の画像を見てもらいましょう。

20140518 PluginMemorandum02

プラグインとその説明がズラッと表示されていますが、プラグイン開発者が日本人なら説明も日本語なのでどんな機能なのかパッと見ただけでわかります。しかし開発者が日本人ではない場合、僕のような英語ができないジャパニーズはそのプラグインがどんな機能を有しているのかを英単語を頼りに推測するか、プラグイン名で検索しなければ何のプラグインだかわからないということが多い!
特にプラグインの数が増えてくると、最初は覚えていてもやっぱり忘れてしまうのです。なんということでしょう。これも脳の衰えなのでしょうか。

20140518 PluginMemorandum04

脳が衰えてきたというよりも、もともと英語の勉強をしていなかったという表現の方が適切な気もしますね。しかし、今から英語の勉強をしたところで自分はすぐに飽きてしまいそう。というか

絶対続けられる気がしない。

というわけでこのプラグインを導入するに至ったわけです。

機能はシンプル。覚えているうちに自分がわかるように補足を書き足せ!

『Plugin Memorandum』をプラグイン新規追加から検索してインストール→有効化するだけですぐ使えます。

20140518 PluginMemorandum03

このプラグインを追加すると、プラグイン一覧の右側に「+」のアイコンが出現します。クリックすると、テキスト領域が表示されて補足を書き足すことができるというシンプルな機能です。これなら説明が英語のプラグインでも、どんな機能のプラグインか自分の言葉で書いているのですぐに思い出すことができますね。

鉄は熱いうちに打てという諺とはちょっと違いますが、僕のように英語に抵抗感がある人や、物忘れの多い人にはありがたいプラグインだと思います。

英語を勉強したいなら…



 

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。