【悲報】空閑氏、アクセス数を気づかぬ間に水増し…。Google Analyticsの二重登録にはマジ要注意。直帰率が異様に低いと思ったら「Tag Assistant」で即チェックだ!【ぬか喜び】

スポンサーリンク


残念なお知らせをしなければなりません。

主に自分に…。

不思議には思っていたけど、あまり深く考えていなかったアクセスについて。前向きに考えるのはいいことだけど、疑わないというのはやっぱりいかんですね。

Google Analyticsの直帰率が異様に低いのに、平均ページ滞在時間がやたらと短い場合はAnalyticsの二重登録を疑うようにしましょう。

早い段階でそれに気づければ、精神的ダメージは比較的軽いもので済みます

スポンサーリンク

直帰率の低さ・平均ページ滞在時間の両方に違和感を感じたら放置するべからず

放置していてもいいことなんて何もないですね。
僕がこの妙な違和感を覚えたのは、このサイトのテーマをSimplicityに変更してから。その直後からGoogle Analyticsの数値が明らかにものすごく変化しました。

主に際立った変化があったのは以下の2点。

●やたらと直帰率が低くなった(1桁台)

平均ページ滞在時間が異様に短い(30秒程度)

妙な違和感はあったものの、疑うことなく前向きにとらえていたことが、発見を遅らせることとなった主な原因です。

自分の性格上、前向きであるというのはいいことだなんて思っていたけど、“疑う”ことをしなかったというのは今回改めなければならない事象だと痛感しました。

テーマを変える前までは直帰率は65%前後、平均ページ滞在時間は2〜3分前後だったのに、こうも変化が起きるとはなんだか妙です。

妙だと思っていながら少年のような心を持った僕は“疑う”という作業を疎かにしていました。

その結果、非常に悲しむべき事態、つまり気づかぬうちにアクセス数を水増ししていたということになります。

直帰率の異様な低さはGoogle Analyticsの二重登録が原因だった

いつものように、Myndのメールで昨日話題になった記事についてチェックしていたところ、直帰率に関する記事が選ばれていました。

<関連>
情報整理、ちゃんとできてる?Evernote活用で情報を上手に活用する習慣をつける方法【ウェブクリップ】

何の気なしにアクセスしてみるとこう書いてあるではありませんか。

「直帰率が異様に低いときはGoogle Analyticsの二重登録を疑え」と。

いやもうね、ハッとしましたよ。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”A.png” name=”叉京さん”]今抱いている違和感そのものや〜ん[/speech_bubble]と。

目が覚めたわ。

アナリティクスを二重登録してしまう主な原因

さて、Google Analyticsを二重登録してしまう原因ってなんなんだろう。そう思って調べてみました。
  1. テーマのheader.phpに直接コードを埋め込んでいるケース
  2. 「All in One SEO」などのプラグインを利用しているケース
  3. テーマのカスタマイザーからコードを埋め込んでいるケース
アナリティクスをブログ内に埋め込む場合、上記の3点が主な方法かと思います。アナリティクスを設置する作業って、この3点のうちのどれか1つ行っておけばいいんですよね。

僕の場合、上記のうち、2と3の2つにアナリティクスコードを設置していたことが二重登録の原因になっていたようです。

発見が遅れた理由はズバリ「Tag Assistant」を未導入だったから

違和感を感じながらも二重登録に気づきもしなかったのは「Tag Assistant」をGoogle Chromeに追加していなかったからだと思っています。

これさえ導入していれば、いくら前向きで疑うことすらしない少年の心をもつ僕でも、もう少し早くこの違和感を解消できたのではないかと思っています。

実際に拡張機能を導入して調べてみた結果…

あったわ。Analytics二重登録してたわ。

今回の件を受けて施した対処

今回の衝撃的な(主に自分にとって)結果を目の当たりにして、二重登録に対して行った対処はプラグインの断捨離でした。

ぶっちゃけSEOがどうのこうのって、よくわからないしそういった施策はテーマ側で施してもらっている。

ということは、わざわざ「All in One SEO」といったSEO系のプラグインを使ってまで、対処する必要があるのかなと考えました。

よくわからんけど「おすすめ」といわれていたからとりあえずいれとこか。程度であれば、別に入れておかなくてもいいのではないかと。今回のように精神的ダメージを受けてしまうくらいなら、「おすすめ」程度であれば別にいれておく必要もない

それがもし「超おすすめ」「スーパーおすすめ」なんて書かれていたら別かもしれませんが。

いや、まあ二重登録さえしなければ別にいいんだろうけれど。

ログイン状態と非ログイン状態では「Tag Assistant」の結果が違って見える?

「Tag Assistant」で自身のブログを見ているとき、一点気付いたことがあります。それは管理画面にログインしている状態と、ログアウトしている状態では「Tag Assisntant」の結果が異なっているという点。

この点も二重登録に気付くのが遅れた原因の1つです。

20150618 tag assistant02
管理画面にログインしている状態だと、管理画面のバーがあるのがわかりますよね。

20150618 tag assistant03
上画では左がログアウト状態で調べた結果、右がログイン状態で調べた結果。

こちらの画像ではすでに修正後の画像であるため(二重登録を自覚したときはショックのあまり画面キャプチャすることすら忘れていた)、タグは1つしかありませんが、二重登録している場合、ログイン状態で調べるとタグは1つですよ〜と表示されていたんです。

普段ログアウトするということがないため、この結果は衝撃でした。自分のブログに対して疑うときは、ログアウトしてから調べるということが必要なのかもしれません。

正常に戻ったあとの直帰率と平均ページ滞在時間の変化

呆然としていても始まりませんからね。これも1つの経験として、これからも邁進していきたいと思うところであります。
修正前と修正後ではやっぱり結果は大きく変化しますね。

直帰率:7.43%(修正前)→ 72.22%(修正後)

平均ページ滞在時間:00:00:22(修正前)→ 00:02:02(修正後)

このミスも前向きにとらえるべし

二重登録という手痛いミスで、精神的ダメージを受ける(自爆なんですが…)一方、それ以上に前向きに取り組んでいかなければならないと思うわけです。平均ページ滞在時間なんて修正前と修正後で雲泥の差です。

修正するまではアクセスはされど誰にも読んでもらえていないのかなと思ってしまうレベルでしたが、修正後に正常な数値に戻ったことで「読んでもらえている」ということを実感することができました。

また、アクセス数に対して収益化ができていなさすぎると考えていたのが、今回の修正で適正もしくはそれ以上の結果になっているということが逆に励みにもなっているところです。

まぁ、そういったことはさておき、これは神の与えし試練だと、この程度で満足してはいかんのだよというお達しだと思うことにし、これからも日々更新を続けていけるようにしたいと思っている次第であります。

特にSimplicity利用者は注意しておきたいね!

今回の件で色々と調べていたところ、検索上位に上がってくるのはSimplicityテーマの利用者がとても多いという点。もちろん、他のテーマを利用していても同様の問題は起こるところだと思いますが、改めて注意してみておくべき部分だと思います。

<参考>
直帰率が低すぎるのはGoogleAnalyticsの二重設置でした:初心者がお小遣いサイトで稼ぐんだ! と頑張ってみる
Googleアナリティクスで直帰率が低過ぎる/ワードプレスの罠:三十路男の悪あがき
直帰率が低すぎるときはGoogle AnalyticsトラッキングIDの重複を疑うべき:浦下.com 〜ITエンジニアの備忘録〜

アプリのダウンロードはこちらから

Tag Assisntant
編集後記
精神的なダメージを負ったにせよ、これは自爆。疑わなかった自分が悪いと戒めて、今後も邁進していきたいところ。日々の生活をちょっと面白くできるように頑張るよ!


この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。