ドコモからMNPしたらdアカウントはどうすればいい?利用サービスは?「dアカウント継続利用手続き」で解決するよ!

スポンサーリンク

13年と10ヶ月連れ添ったドコモに別れを告げ、nuro mobile(ドコモ回線使用だけども)にMNPしたのが9月。

ふと、これまで利用していたdアカウントはどうなってしまうのかという疑問が脳内を駆け巡ったこともあり、ドコモインフォメーションセンターに問い合わせてみることにしました。

dアカウントはドコモ契約者以外でも作成することができるということは知っていたけれど、MNPで他社に移った場合はそのまま使い続けることができるのか?

今回は意外と盲点になりそうなdアカウントのその後についてレポートします。

スポンサーリンク

dアカウントの継続利用手続きについて読む前に

「dアカウントの継続利用手続き」はドコモから他社へMNPした後に行う手続きです。MNPする前に行うことはできません。

MNPの流れについて知りたい場合は下記のエントリーも合わせてどうぞ。

MNPって超簡単。悩むくらいならさっさと格安SIMに乗り換えた方がいい。割とマジで。【前編:MNPする前準備】

2017.10.08

MNPって超簡単。悩むくらいならさっさと格安SIMに乗り換えた方がいい。割とマジで。【中編:MNPの予定先での手続き】

2017.10.09

MNPって超簡単。悩むくらいならさっさと格安SIMに乗り換えた方がいい。割とマジで。【後編:SIMが手元に届いてから】

2017.10.13

dアカウントはドコモ提供サービスを利用するために必要なアカウント

1701014 11

改めて説明する必要はないかと思いますが念のため、簡単に説明しておくとdアカウントはドコモが提供するdTVdアニメストアといった動画配信サービスを利用したり、dケータイ払い+などを利用して貯まったdポイントで提携サイトで買い物ができちゃったりするドコモが提供するアカウントです。

このdアカウントは上記のようなサービスやネット通販で利用することはなくとも、ドコモユーザーなら貯まったポイントをケータイ料金の支払いに充てるということもできました。

そのほか、dアカウントで利用できるサービス一覧はこちらから確認しましょう。

MNP後のdアカウントはどうなる?

さて、dアカウントを利用するこれらのサービスの世話になっていなかったのであれば、この存在について気にする必要はないでしょう。

しかし、dTVなりdアニメストアなりといったコンテンツサービスをMNP後も継続して利用したい場合はちょっと厄介です。

MNPする前に利用していたdアカウントでは、dTVなどこれまで利用していたサービスにログインすることができなくなるのですよ。

なぜなら、電話番号こそ変わらぬものの、MNP後はドコモユーザーではないからです。当然といえば当然ですが、この事実はけっこう困ってしまう人が多いかもしれませんね。

ポッメ
だったら別に新しくdアカウント作ればいいだけなんじゃね?
コッコ
でもな、それやと例えばdTVならクリップした動画とかわからんくなるんよ。数多いとけっこう困るばい
ポッメ
確かに
コッコ
あとな、dポイントとかけっこう貯まってるんやったらコンビニとかマックで使えるしけっこうもったいなかよ

そう、コンテンツのクリップ程度だったらまた探し出せばいいかと諦めやすくあるわけですが、dポイントが2000ポイントくらい貯まってるとしたら…。ドコモ時代から使いどころが見いだせなくて…という人ならもっと貯まっているかもしれません。

それらを放棄するってけっこうもったいないなあと思うわけです。

dアカウントの「継続利用手続き」でMNP後もdアカウントを継続利用しよう

1701014 10

dTVなどこれまで楽しんできたしてきたコンテンツは、dアカウントを使ってMNP後も継続して利用したいと思うことでしょう。

ポッメ
でもMNPしたらそれまで使ってたdアカウント使えんくなるんやろ?
コッコ
そのまま放置しとったらな。だけどMNPした人が困らんためのdアカウント継続利用の方法が用意されとるとばい

そう、dアカウントはドコモから他社に乗り換えた人向けに手続きをとればdアカウントの継続利用ができる方法が用意されているのですよ。

dアカウントの継続利用手続きはMNP後に行うべし

dアカウントの継続利用手続きはMNPで他社に乗り換えた後に行うことができます。

MNP後、dアカウントのログイン画面からログインしようとすると、当然ながらログインできないと弾かれます。

1701014 1

というわけで弾かれたあとに誘導される先が左の画面です。ここでアカウントの引き継ぎ方法が確認できます。

で、dアカウントの継続利用手続きを行う方法というのが2種類。

  1. 空メールを送信してdアカウントの継続手続きを行う方法
  2. SNSアカウントを利用してdアカウントの継続手続きを行う方法

いずれかの方法で手続きを行うことができます。

僕は①の方法となるGmailを利用してdアカウントの継続利用手続きを行うことにしました。

空メールを送信してdアカウントの継続利用手続きを完了する

1701014 2

Gmailで空メールを送信すると、通常であれば数分以内に「[dアカウント]継続利用手続きURL通知」という件名のメールを受信します。

メール本文に記載されているURLをブラウザで開けばdアカウントの継続利用手続きが完了するという仕組み。

dアカウント継続利用手続きにおける4つの注意点

晴れてこれまで使用していたdアカウントを今後も継続して使い続けることができるようになったわけですが、継続利用するにあたって注意すべき点が4つあります。

  1. これまでと同じIDが使えるわけじゃあない
  2. 有料サービスを利用している場合は要クレジットカード
  3. dポイントカードはそのまま利用が可能
  4. ドコモメール内のメールは送受信ともに見れなくなる

これらの注意点についてサクッと解説しておきましょう。

①これまでと同じIDが使えるわけじゃあない

これまで利用していたdアカウントのIDでログインできるわけではなく、メールアドレスがとりあえずのIDになります。

IDの変更も可能ではありますがメールアドレスとなっていることから、あまり変更する意味はなさそうです。

②有料サービスを利用している場合は要クレジットカード

dTVなど有料サービスを利用している場合、ドコモユーザー時代であればケータイ料金と一緒に請求してもらうことができましたが、MNPしてdアカウント継続利用手続きが完了しても、そのまま視聴し続けることができるわけではありません。

有料サービスの利用を続けたい場合はクレジットカードの登録が必須です。

オススメ! 初めてのクレジットカードにおすすめな高還元カードはこの3つ!

ポッメ
MNPしてdアカウント継続利用手続きしたらアカウント情報が引き継がれることはわかったけど、同月内にクレジットカード登録したら支払いは二重請求されたりせんの?
コッコ
いい質問やね。結論から言うと同月内にdアカウント継続利用手続き、クレジットカード登録ともに済ませても二重支払いにはならないから問題ないよ。
ポッメ
マジで?本当に大丈夫?
コッコ
おう、マジだよ。なぜならドコモインフォメーションセンターに電話して直接聞いたからな

そんなわけでdアカウントの継続利用手続きさえ行っておけば二重支払いにはなりません。

同月内に新規でdアカウントを取得してしまうと…
同月内にdアカウントの継続利用手続きをせず、新規アカウントを取得してdTVを契約してしまうと旧dアカウント分、新規dアカウント分で請求が別々になってしまう可能性があります。注意しましょう。

③dポイントカードはそのまま利用が可能

ドコモからMNPした後も、dアカウントの継続利用手続きを済ませておくとdポイントが無駄になることはありません。

dポイントカード使ってた〜みたいな人の場合でも、dポイントが使えなくなるといったようなことはありません。

1701014 4
※MNPしたのは9月末、dポイントを利用したのは10月

このエントリーを書す前にマックでdポイント払いができたので検証済みです。

ただし、継続利用手続きをしていなかった場合は手持ちのdポイントカードが使えるのかどうかは定かではありません。あしからず。

④ドコモメール内のメールは送受信ともに見れなくなる

ドコモでなくなったということは、「@docomo.ne.jp」のドコモメールは利用できなくなったということ。

ドコモ時代にドコモメールで受信したメールや送信したメールはというと…

見れなくなります。

1701014 8

MNP後、dアカウント継続利用手続き後にドコモメールを起動すると、初回起動時に確認のポップアップが表示されます。

継続利用が可能といえど、アカウントIDは異なるものになるため、新たなdアカウントで同期を開始しようとします。同期を開始してしまうと、ローカル上(スマホ本体内)にバックアップをとっていないメール内容はすべて見れなくなってしまいます。

大事なメールが見れなくなって困ることがあるという人は、MNPする前に必ずドコモメールのバックアップをとっておくようにしましょう。

編集後記

これまでだったら解約後って、ポイントが無駄にしかならなかったけど、継続利用することで無駄にならずに済むという事実を知っておけば、それだけでも心の持ちようがけっこう違うと思います。

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。