口座振替一部対応!BIGLOBEモバイルは動画をスマホでガンガン見たい、そんなファミリーにおすすめだよ【格安SIM選び#3】

スポンサーリンク

スマホは持ち運び可能なエンタメツールや!

格安SIMの市場というのは見れば見るほど面白いもので、BIGLOBEモバイルもそんな市場の中にあってかなりの存在感を示しています。

「MM総研大賞2017 話題賞」を受賞した「エンタメフリーオプション」やドコモ回線に加えてau回線にも対応するマルチキャリアMVNOとなったBIGLOBEモバイルを利用すべき人とはズバリ、動画・音楽コンテンツを常に楽しんでいたいファミリーでっせ。

そんなわけでBIGLOBEモバイルのポイントを紹介していくよっ!

スポンサーリンク

音楽・動画コンテンツの通信量に制限を課さない「エンタメフリーオプション」

1701023 2

BIGLOBEモバイルの大きな特徴となる「エンタメフリーオプション」ですが、このオプションを契約することで動画・音楽コンテンツにおけるデータ通信量の制限がなくなります。

対象となるコンテンツは下記サービスとなります。

<動画サービス>

<音楽サービス>

17年9月28日時点ではこのエンタメフリーオプションを利用することで動画コンテンツは3種類、音楽コンテンツは6種類において通信量フリーで楽しむことができます。

ただし、エンタメフリーオプションは「オプション」と名のつく通り、オプション契約の1つです。適用するには月額利用料がかかります。

SIM月額利用料
音声通話SIM480円
データSIM980円
各サービスの月額利用料金は別途必要
エンタメフリーといえど、オプション料金だけでこれらのコンテンツが楽しめるわけではありません。有料サービスの場合は別途各社にコンテンツ利用料の支払いが必要です。

ドコモからもauからもそのまま乗り換えOK

1701023 3

BIGLOBEモバイルはドコモ系スマホも、au系スマホもSIMロック解除不要でそのまま乗り換えを行うことができます。

たとえ家族間でこれまで利用しているドコモ、auとキャリアが違っていたとしても、安くひとつにまとめることができるようになるってことですね。ちなみに基本料金は以下の通り。

対応タイプDタイプD/AタイプD/A
プランデータ通信SIMSMS対応SIM音声通話SIM
音声通話スタートプラン--1400円
3GBプラン900円1020円1600円
6GBプラン1450円1570円2150円
12GBプラン2700円2820円3400円
20GBプラン4500円4620円5200円
30GBプラン6750円6870円7450円
ボリュームチャージ300円/100MB

ドコモからの乗り換えの場合に対応するのがタイプD、auからの乗り換えの場合に対応するのがタイプAということになります。

基本的にどちらからの乗り換えであっても基本料金に変わりはありませんが、データ通信専用SIMを利用したい場合は現在はタイプDにしか対応していないということだけ覚えておきましょう。

データ通信SIMのみ口座振替対応
BIGLOBEモバイルは格安SIMとしては珍しく、 口座振替にも対応しています。ただし、対応しているのはデータ通信SIMのみの申し込みに限られます。格安SIMでタブレットを運用したいといった場合でクレジットカードを持っていないという人とっては救いの選択肢といえるでしょう。
通話オプションはあまり期待できない
データ通信には魅力多いものがあるBIGLOBEモバイルですが、通話プランの魅力はさほどありません。月額650円で利用できる選択肢は2つあり、1つは「通話パック60」(最大60分の無料通話)、もう1つは3分以内の通話なら「3分かけ放題」となっています。通話に関するオプションは他格安SIMと比較すると正直見劣りするため、データ通信がメインでないと難しいかもしれません。

家族や複数デバイス持ち向けのシェアSIM

ドコモのファミリーシェアプラン、auのデータギフトと同様に、BIGLOBEモバイルには契約プランのデータ容量を家族や手持ちの端末でシェアできるシェアSIMが用意されています。

たとえば家族2人で6GBで事足りるケース。一言で2人で6GBといっても、きれいに3GBずつ使うってケースは思いの外少数なんじゃあないでしょうか。

大手キャリアも家族間のデータ通信は共有をおすすめしているように、おそらく家族内でも通信データ量って偏りがあるんですよ。そういったケースの場合は格安SIMに家族まるごとMNPしても、データシェアができたほうがいいでしょう。

内容概算金額差
3GBを2人でそれぞれ1600×2=3200円
6GBを2人でシェア2150+900=3050円150円お得
6GBを2人でそれぞれ2150×2=4300円
12GBを2人でシェア3400+900=4300円プラマイゼロ

一般的と言われるユーザーの月々のデータ利用量の現実的なラインとしては、2人で6GBいかないくらいだと思います。1人は1GBで事足りる、もう1人は5GBとか、そんな用途になりがちならば、個別にプランを組むよりも、シェアSIMにしてしまったほうがお得になるわけですよ。

BIGLOBEモバイルの場合、6GBの次は12GBとなっているため、2人での利用となると12GBのシェアはプラマイゼロですが、3人、4人となる場合はシェアSIMにしてしまったほうがよさそうです。

シェアSIMタイプ月額料金
データSIM200円
SMS対応SIM320円
音声通話SIM900円

複数人ではなく、1人で数台という場合はシェアSIMをデータ通信専用シェアSIMで利用すると、金額的な負担は少なくなります。

出先での通信の助けとなるBIGLOBE Wi-Fiが全国8万3000スポット

極力データ通信を安くおさえて運用したい人にとって、Wi-Fiスポットの存在ってやっぱり重要です。Wi-Fiスポットが使えるのと使えないのとでは安心感が違いますからね。

BIGLOBEモバイルユーザーは、全国8万3000スポットで展開されているBIGLOBE Wi-Fiが利用できます。

主な利用可能エリアはスタバ、ロッテリア、タリーズ、セブンイレブン、ローソン、イトーヨーカドー、デニーズ、といったカフェ、ファストフード、コンビニ、スーパーのほか、空港、JRなど多岐にわたります。

BIGLOBE Wi-Fiは月額250円で利用が可能ですが、6GB以上のプランを選択していれば1ライセンスは無料で利用できます。

期間限定!SIMのみのMNPで1万2000円、スマホとセットのMNPで1万5600円のキャッシュバック

17年12月3日までの期間限定ながらも、BIGLOBEモバイルへの乗り換えで音声通話SIMのみでも1万2000円スマホセット(音声通話)で1万5600円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックが受けられる条件は3GB以上のデータ通信プランで契約すること。そして12ヶ月継続利用すること。この金額、けっこう大きいと思います。3GBプランで契約したとして、実質的には1年間は月々600円ってことですからね(オプションプランを加味しなかったら)。

自宅の固定回線をビッグローブ光にすると…さらに最大300円/月値引き!

自宅の固定回線もこの際BIGLOBEが提供するビッグローブ光にしてしまえば、BIGLOBEモバイルの月々の利用料金をさらに安くすることも可能です。

すでにフレッツ光サービスを利用しているのであれば、転用申し込み手続きを行うだけで、新たな開通工事など行うことなくインターネット回線の切り替えが可能です。

ビッグローブ光って、僕も過去に利用していたことがありますが、キャッシュバック額もなかなかのものです。3万2000円のキャッシュバックまたは、2万5000円のキャッシュバック+3万円分の初期費用無料のいずれかから選択することができます。現金を多くもらうか、末永くお得感を味わうか、どちらも捨てがたいところではありますが、こればっかりは好みで。

毎月の通信費をおさえたいならサービスをまとめること、これ非常に重要ですよ。

編集後記

BIGLOBEってキャッシュバックとかすごい太っ腹なイメージが昔からある気がします。なんだかんだいっても安定感がありますわな。家族で格安SIMに乗り換えるなら選択肢の1つとして考えたい事業者のうちの1つです。

格安SIMへのMNPの流れ、まとめました

MNPって超簡単。悩むくらいならさっさと格安SIMに乗り換えた方がいい。割とマジで。【前編:MNPする前準備】

2017.10.08

MNPって超簡単。悩むくらいならさっさと格安SIMに乗り換えた方がいい。割とマジで。【中編:MNPの予定先での手続き】

2017.10.09

MNPって超簡単。悩むくらいならさっさと格安SIMに乗り換えた方がいい。割とマジで。【後編:SIMが手元に届いてから】

2017.10.13

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。