【第3回】ADW.Launcherを学ぶ【ホームアプリ】

スポンサーリンク

ホームアプリADWを使ってのカスタマイズ講座第3回目は
基本的なアプリアイコン・ウィジェットのカスタマイズについて。

まずはアイコンのカスタマイズから。

1fb60d84.png 772c59ee.png

ホーム画面を長押ししたら、スライドもしくは【Add】をタップして
【Shortcuts】をタップしてみましょう。
アプリのアイコンや、ショートカットを設置することができます。

スポンサーリンク

8a1ccbd6.png

とりあえず1つアプリのショートカットを設置してみました。

e86bffa9.png aed33173.png

アプリのショートカットを長押しすると移動ができます。
そのまま「Remove」にドラッグすればショートカットの削除
「info」にドラッグすればアプリの情報を表示
ドックに持っていけばドックに設置できます。

405a5e40.png

アイコンを素早くダブルタップ→【Edit】をタップで編集ができます。
Custom shrotcutと同様の効果を発揮します。

af4d670e.png fcc52b11.png

例えば好きな名前に変更できます。
もちろん、空欄にして【OK】をタップすれば
a2d0bc1c.png

ショートカットだけの表示も可能です。

Editで編集中にアプリのアイコン画像をタップすると
ee190f2d.png

アイコン画像を自由に変更できます。
写真やアイコンパックなど、自由に選択しましょう。
アイコンパックについては次回以降に紹介する予定です。

b91272ed.png d754bc9c.png

こんな感じで好きな画像に変更して【OK】をタップすると
こんな具合にアプリのアイコンを好きな画像にすることができます。
ただし、これはホーム画面上のみで、アプリドロワー内のアプリまで
アイコン画像が変更されるわけではないので安心しましょう。

お次はウィジェット。
ae3a824f.png

ウィジェットの自由度を高めるために、
設置する前にADWSettings→System→Advanced Settingsから
Overlap widgetsを有効にしておきましょう。
これだけでウィジェットの自由度が格段にあがります。

1a54616b.png

まずはウィジェットを通常通り設置します。

c4b35890.png

ウィジェットを長押ししてメニューを表示しましょう。
【Resize】をタップします。

49d5f805.png 22f359e8.png

これでウィジェットのサイズを自由に変更することができます。
ただ、ウィジェットによっては間切れてしまったりするので
よく確認しながら操作を行いましょう。

ただ、別にこれがOverlap widgetsの機能ではありません。
ウィジェットのリサイズはAndroid 3.x以降デフォルトの機能ですしね。

97327b7d.png

もう1つウィジェットを設置してみましょう。

af75d6a7.png 5f3c5540.png

Overlap widgets機能はこのこと。
もう1つのウィジェットを先に設置したウィジェットに被るように設置できちゃいます。

ここでは例として適当なウィジェット2つを設置しているので
見栄えは良くないですが、センスのいいウィジェットを
使えばかなりかっこいいホーム画面を作ることができるようになります。

本日の講義はここまで!
次回はアイコンパックや一緒に使うと便利なアプリなどを紹介します。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。