おかわりOK!格安SIMの「NifMo」がお値段据え置きでデータ通信量を大幅アップ!

スポンサーリンク

安くて容量が増えるんだったらお得以外の何ものでもないですわ。
@Niftyが展開している格安SIM『NifMo』のデータ通信容量が、4月1日からお値段そのままアップしました。

スポンサーリンク

お値段そのまま、通信量量は大幅に増量!

これまでNifMoで展開されていたサービス内容ではデータ通信容量はタイプ別に2GB・4GB・7GBとなっていました。
それがそれぞれのお値段がそのままで各タイプが3GB・5GB・7GBに増量されます。

これまで:2GB・4GB・7GB
これから:3GB・5GB・10GB

 音声通話対応SIMSMS対応SIMデータ通信専用SIM
契約タイプ料700円150円0円
データ通信プラン料
3GBタイプ:900円
5GBタイプ:1600円
10GBタイプ:2800円
データ通信速度
下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
音声通話××
SMS×
データ通信
公衆無線LAN
最低利用期間6ヶ月
なし

NifMoでは契約タイプによって別途月額料金が変わってきます。例えば3GBのデータ通信と音声通話を行いたいのであれば

700円(契約タイプ料)+900円(データ通信プラン)=1600円/月

という計算になります。

今ならデータ通信容量増量記念で「おかわり」が無料!

2015年4月1日から4月30日までに新規申込を行うと、特典として2015年4月と5月の各1回『データおかわり0.5GB』の利用が無料です。

また、NifMoホームページからのSIMカード申込の場合は3100円のキャッシュバックももらえちゃいます。これはお得!

NifMoの特徴を知って乗り換えの後押しを!

NifMoはMNPにも対応しているので、今使っているケータイ番号そのままで乗り換えが可能です。また、全国の有料Wi-Fiスポットの利用も追加料金なしで使えるため、データ通信の節約も上手にできちゃいます。

NifMo02
現在はBBモバイルポイントが対象です。その他のスポットにおいても提供準備中とのこと。

詳細は以下からどうぞ。

※画像をクリック・タップでNifMoホームページにジャンプします。

編集後記

お値段据え置きで容量アップ、最近格安SIMにはそういった傾向が多くありますね。3GBで十分な人ならもはや大手キャリアにこだわる必要はないのかもしれません。2台目、3台目であればなおさらですね。そしてキャッシュバック。安くなることはいいことです。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。