【イオンモバイル】イオンスマホから日本ブランド3機種が発売へ。おサイフケータイ対応もあるよ!

スポンサーリンク


格安スマホという選択肢が充実しつつありますね。
「価格」だけでなく「こだわりに応える」を実現した日本ブランド3機種が新たに順次発売することが発表されました。
今回ラインナップに加わった機種は日本通信「VAIO Phone VA-10J」、京セラ「KYOCERA S301」、ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia J1 Compact」の3機種。

少しずつ個性を見せてきたというところでしょうか。

スポンサーリンク

端末ごとにこだわりがいろいろ? そのこだわりとは?

イオンスマホがいうこだわりとは一体どんなものなのか。イオンのニュースリリースでは以下のように発表されています。

20150320 aeon smartphone02
今回のこだわりは「デザイン性」「アクティブ性(品質)」「利便性(機能)」の3本柱のようです。

第6弾「イオンスマホ」KYOCERA S301は高耐久性がウリ

3月27日(金)発売の京セラ「KYOCERA S301」の1番の特徴は高耐久性とのこと。防水・防塵に加えて、米国防省調達基準MIL-STD-810G準拠の耐衝撃に対応しています。

20150320 aeon smartphone03
通信プランはイオンスマホ限定のBIGLOBE の音声通話付高速データ通信1GB1350/月と、5GB1650円/月の2プラン(税抜)が用意されています。

第7弾「イオンスマホ」Xperia J1 Compactは利便性の高さがウリ

4月20日(月)発売予定のソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia J1 Compact」のポイントはイオンスマホ初のおサイフケータイ対応機種であるところ。モバイルWAONがプリインストールされています。

20150320 aeon smartphone04
こちらの通信プランにおいては、So-netが提供するLTE通信「PLAY SIM」の音声通話付プランの3タイプ、1280円(70MB/1日)/月、1580円(120MB/日)/月、2580円(200MB/日)/月(税抜)から選択ができます。

第5弾〜第7弾イオンスマホの主な仕様

第5弾から第7弾のイオンスマホにおける主な仕様は以下のようになっています。

 第5弾
VAIO Phone
VA-10J
第6弾
KYOCERA
S301
第7弾
Xperia J1 Compact
メーカー日本通信京セラソニーモバイルコミュニケーションズ
サイズ
(高×幅×厚)
約141.5×71.3×7.95ミリ約144×73×10.8ミリ約128×65×9.7ミリ
重さ約130グラム約146グラム約138グラム
カメラ(メイン)1300万画素500万画素2070万画素
カメラ(フロント)500万画素200万画素220万画素
OSAndroid 5.0Android 4.4Android 4.4
備考なし防水・防塵・耐衝撃防水・防塵
プリインストールなし●イオンお買物アプリ
●電子書籍アプリmibon
●LINE
●イオンお買物アプリ
●電子書籍アプリmibon
●モバイルWAON
通信業者日本通信ビッグローブソネット
通信サービス①VAIO Phone高速定額プラン
 1980円/月
②VAIO Phoneライトプラン
 980円/月
①音声通話スタートプラン
 1350円/月
②ライトSプラン
 1650円/月
①プラン70M/day
 1280円/月
②プラン120M/day
 1580円/月
③プラン200M/day
 2580円/月
通話料20円/30秒20円/30秒
(※BIGLOBEでんわの利用で10円/30秒)
20円/30秒
無料通話
なし
データ基本料
なし
規格
LTE
最大通信速度
LTE:150Mbps
3G:14Mbps
高速通信容量①使い放題
②1GB/月
①1GB/月
②5GB/月
①70MB/日
②120MB/日
③200MB/日
最低利用期間
なし
契約解除料
なし

これからスマホを購入しようと思っている人、とりあえず安くしたいという人、2台目を検討している人など、イオンスマホも選択肢の1つとしてアリだと思います。



この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。