【XtraFinder】見づらくなってしまったMacのタグラベルをあの頃のように戻せるよ

20140414_xtrafinder05.jpg

スポンサーリンク

さすが『XtraFinder』様サマですわ。
Mac OS XをMountain LionからMavericksにアップグレードした際に、ちょっとガッカリしてしまった点にラベル機能の改悪を挙げるユーザーも少なくないでしょう。最近の『XtraFinder』のバージョンアップでガッカリ感漂うタグラベルを以前のようなラベル風に変更できるようになりました。

スポンサーリンク

ありがとうXtraFinder。最高やぞ!

Mavericksから変更になったタグラベル。ラベルカラーのほかタグを付けて管理できるようになったはいいけど正直見づらいことこの上なかったと思います。

20140414 xtrafinder01

正直小さすぎて

何この豆粒?

と思ってしまった人もいたとかいなかったとか。この豆粒があまりにも小さすぎたのでそれ以来僕はラベルを使うのを辞めた。

XtraFinderのおかげでラベルが息を吹き返した!

XtraFinderの更新通知が表示されると毎回ウキウキしながらどんな機能が追加されたのかを確認してしまいます。そこでニヤリ。

ラベル復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

さて、それではラベル復活式を執り行うといたしましょう。

20140414 xtrafinder02

まずは『XtraFinder』の環境設定にアクセスします。

20140414 xtrafinder03

設定画面が表示されたら、「アピアランス」タブ内の【旧タイプのラベルカラーリング】にチェックを入れるだけ。これで古き良きラベルが復活してくれます。

20140414 xtrafinder04

懐かしさ満開!これは素晴らしい。やっぱりこれくらい色がついてないとラベルって感じがしないですよね。これが無料で使用できるんですもの。Macを使っているなら使わなきゃ損ってヤツですよ。

知っておいて損はない。XtraFinderをより便利に使うTips

せっかくなのでもう1ネタくらい。ただでさえ手放せないアプリな『XtraFinder』ですが、新規ファイルをFinder上で作成できるって知ってました?

20140414 xtrafinder06

これも『XtraFinder』の環境設定で【Finder メニューに項目を追加】から「新規ファイル…」にチェックを入れるだけでOKな手軽な便利機能です。

20140414 xtrafinder07

チェックを入れた後、Finder上で右クリックするとメニュー項目内に「新規ファイル」という項目されます。その中から標準テキスト書類やリッチテキスト書類をクリックすれば、右クリックした階層に簡単に新規ファイルを作成することができます。
通常であればテキストならテキストエディット.appを起動して「名前をつけて保存」する必要がありますが、この方法ならそんな手間さえ省くことができます。知らなかった人はぜひお試しあれ!
と〜っても便利ですよ。

『XtraFinder』のダウンロードはこちらから

XtraFinder

クリックで『XtraFinder』のウェブサイトにジャンプします。

20140414_xtrafinder05.jpg

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。