【Android】マックのポテトを食え!『GOL!』で遊べ!W杯を応援しやがれ!【iPhone】

20140603_MGOL01.jpg

スポンサーリンク

AR(拡張現実)で遊ぶ楽しみがまた増えました。
サッカー2014FIFAW杯ブラジル大会がこれから右肩上がりの盛り上がりを見せていくことかと思います。W杯の応援も兼ねてマクドナルドの限定ポテトを貪りつつも、『GOL!』でほんの少しだけW杯を先取りして盛り上げていくと楽しいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

マクドナルドの限定ポテトパッケージでARサッカーを遊ぼうぜ!

このキャンペーン企画のことを全く知らなかった私ですが、たまにはマックでもいいかなと普段は開かれることもないマクドナルドのクーポンアプリを起動して初めて『GOL!』の存在を知りました。なにやら限定ポテトパッケージとアプリを合わせてARサッカーが遊べるよという企画内容。これは食って遊んでみないわけにはいきませんね。

企画内容は以下からどうぞ。
ポテトパッケージ&アプリ | 2014 FIFAワールドカップ キャンペーン | McDonald’s

限定ポテトを食べ終わったらアプリを使って遊んでみました。

20140603 MGOL02

とりあえずユニフォームも言語も日本を選んで「>」をタップ。

20140603 MGOL03

ポテトパッケージをスキャンしてくれと表示がでるので形が収まるように慎重にスキャンします。これ、けっこう難しい。

20140603 MGOL04

スキャンが完了したらすぐ遊べるのかと思ったら、またパッケージを合わせないといけないみたい。これは何度合わせてみてもなかなか慣れるものじゃありませんね。周囲は明るめの方が認識率は高いみたい。周囲が暗くてどうにもならんという場合は右下のライトボタンをタップしてほどよい明るさを獲得しましょう。

パッケージを認識したらいよいよゲームスタート!

パッケージを認識したら、すぐにゲームがスタートします。パッケージの手前にニョキニョキっとゴールが生えてくるシーンはなんだか笑えます。程よい位置までスマートフォンを引いて、ゴールまでの距離を保てたらプレイ開始です。

20140603 MGOL05

ゴールに向かってボールをフリックしてシュート! 手前の壁の動きがけっこう速くてなかなかの難易度です。シュートチャンスが3回っていうのもけっこうシビアですね。

20140603 MGOL06

ポテトを獲得しつつゴールを決めていきましょう。

ナショナルカラーでペイント&拡散

ひとまずゲームを遊び終わったらいきなりカメラで写真を撮りますみたいな流れになってちょっと戸惑っちゃいました。

20140603 MGOL07

なんだか心なしか…心なしかというか確実に…

用意されたフレームに顔が収まらない!

あれ?こんなに自分顔でかかったっけ?と思わず疑わずにはいられないほど顔が大きく見えます。
いや、僕こんなに顔でかくないですよ。ご近所のおばちゃんにも「顔小さいわねぇ」なんてよく言われますもん。これには悪意を感じずにはいられなかったわけですが気にしても仕方がないのでそのまま撮影を続行。

20140603 MGOL08 20140603 MGOL09

ペイントのスタイルを選んでフレームを選んでオリジナルの顔ペイントを楽しみましょう。顔が3割増しくらいに大きく写ってしまう以外は割と自然にペイントしているかのような出来栄えです。

ステージ攻略のカギはゴールまでの位置関係か?

ステージを攻略していくとどんどん難易度がアップしていきます。まぁそれがゲームなので当然ですが、これもARの面白いところですね。カメラから覗く位置でうまいこと攻略できそうです。

20140603 MGOL10 20140603 MGOL11

同じステージでもカメラの位置を変えるとこうも見え方が変わるんですね。動く壁を避けつつうまいことサイドの壁を使ってボールの軌道に変化をつけながらゴールを狙いましょう。

20140603 MGOL12

トンネルみたいなステージがあったり、よくわからないけどボールが増えたり、時折頭に「?」が浮かびつつもけっこう夢中で遊べちゃいます。

20140603 MGOL13 20140603 MGOL16

バッジを増やしつつステージ攻略を進めていきましょう。

ポテト…買わんといけんか?

ポテトを買わなくとも、アプリだけで遊ぶことも可能です。その名も「ポテトパッケージなしモード」。なんとも投げやりな名前のモードですがいいじゃないか。ポテト買わなくたってW杯を応援している気持ちに変わりはないはずです。

20140603 MGOL15

「ポテトパッケージなしモード」ではARでなく、ちょっと懐かしい感じのポリゴンステージでポテトを喰らいながらゴールを狙うスタイルのようです。だけど、ARの世界を手軽に遊べるんなら、ポテトの1つや2つ食べつつ遊んでみることをオススメします。

アプリのダウンロードはこちらから

提供は終了しました

 

20140603_MGOL01.jpg

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。