MacのFinderの調子がおかしくなった? それってGoogle Photos Backupが原因かもしれないよ。

スポンサーリンク

容量制限なしは魅力ではあるんだけれど…。
Google Photos、早速飛びついた人も多いんじゃあないでしょうか。

これまでもGoogle+への写真アップロードは標準サイズであれば15GBの容量にはカウントされずに実質無制限にアップロードできてはいましたが、今回Google Photosとして発表されたことで、Google+を利用していなかったユーザー層の囲い込みもできたんだろうなぁと勝手ながら思っているところです。

実際に容量制限なしで写真をクラウド保存できるっていうのはとても魅力的なサービスであることには違いないんです。環境にもよるかもしれませんが、バックアップ用アプリを導入したことで僕のiMacに異変が起きました。

Finder上での作業に妙な違和感を感じる…。

その原因がどうやらGoogle Photos Backupにあるんじゃあないかというお話です。

スポンサーリンク

デバイス関係なく写真を高品質かつ無料・容量制限なく保存できるGoogle Photos

スマホの写真だけでなくパソコン内の写真なんかも高品質の指定であれば容量に制限なくGoogle Photosに保存ができます。これはありがたいということで、Macでも早速アプリをインストールしてみました。

※ダウンロードリンクパソコン用アップローダ

20150603 googlephotosbackup06

ここまではいいんです。特に何も問題はなさそう。すぐにiMac内の写真がGoogle Photosにアップロードされはじめ、一気に3000枚ほどの写真がどんどんGoogle Photosに追加されていく。

20150603 googlephotosbackup05
そのときの設定は特に何も考えておらず、デフォルトのままに行っていました。

あれ? なんか変だぞ? Finder操作に違和感があるぞ?

Google Photos BackupをMacにインストールしてから、どうも写真のリネームだったり、写真加工後のダウンロードだったりといった作業後の様子がおかしいことに気づきました。

そのときはまさかGoogle Photos Backupが影響しているとは思いもせずに、とりあえず再起動するか〜といったノリだったんですが、何度再起動してもその症状が改善されることがない。

これはおかしい。

単純にFinderが変なのかもと感じて、Finderだけを再起動してみることにしました。

20150603 googlephotosbackup07
要はアプリケーションの強制終了ですね。
→【強制終了】もしくは⌘+Option+escキーで強制終了画面を表示させ、Finderを選択→【再度開く】の流れです。

この作業でFinderを再起動させることで一時的に症状が収まったものの、時間が経つとやはり再び不調になる。
もしかしたらXtraFinderが原因なのか? と、こちらも再起動してみるものの、結果は変わらず。

<関連>
【XtraFinder】見づらくなってしまったMacのタグラベルをあの頃のように戻せるよ
Google Chrome風にFinderの機能を拡張するXtraFinderが人気

気付いてしまった…Google Photos Backupが起動中にしか起こらない現象だと…

そうなんです。やたらめったらバックアップしまくってるGoogle Photos Backupが動作中だと、Finder操作になんだか支障が起きている。

リネームアプリで写真をリネームするとその写真が開けなくなるし、指定したフォルダに写真をダウンロードするとデータはあるはずなのにファイル名が不可視状態になってしまっているし…。

これは常駐型アプリなのに常駐してもらっては困る存在になってしまいました。だけど写真のバックアップはとっておきたい…。ということは、写真のバックアップを行いたいときに起動するスタイルに変えるしかありません。

例えばMacを終了させる1時間前とかですね。

とりあえず…Mac起動時にアプリを起動させるのをやめておこう

ひとまずバックアップを常時行うスタイルでいるとFinderの不調はずっと続きそうなので、必要なときに起動するというスタイルにしておくほうが良さそうです。

そのためにはMacにログインする際に自動的に起動させないようにしておかなくてはなりません。

20150603 googlephotosbackup08
→システム環境設定→ユーザーとグループから【ログイン項目】のタブをクリックします。そしてGoogle Photos Backupを選択して【−】をクリックすることでログイン時に自動起動しなくなります。

このように設定を変更したら、今までのFinderの不調がウソのように元通り。

Googleのアプリは便利だなと感じる一方で、どことなくMacとの相性があまりいいとは思えません。Googleドライブのときも問題が起きたことを記憶しています。

Google Photos BackupをMacにインストールしたことでFinder操作が妙なことになっていると感じたら、試してみてください。

編集後記

Google Photos Backupを起動していると、やたらめったらバックアップしまくるんですよ。容量無制限だから別に構いはしないんですがフォルダを移動したら移動先で再度写真がバックアップされたり。おそらくはバックアップ元でデスクトップあたりのチェックを外せばいいんでしょうが、未検証なのであくまで予想です。
一気にMac内の写真がバックアップされちゃったものだから、すごく見づらいことこの上なし。どちらかというとDropboxやBoxSyncのような形で提供してくれるとありがたいなとつくづく感じてしまいました。
アシスタント機能はけっこう面白いかなとは思うんですけどね。

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。