ソフトウェアキーでも快適にローマ字入力環境をーGoogle 日本語入力ー

スポンサーリンク

こんばんわ。
日本語IMEをこれまでSimeji、DoMobile ShareKeyboard freeと2つ紹介してきましたが、
忘れてはいけないアプリがこのGoogle 日本語入力でしょう。

スポンサーリンク


僕はiMacでもIMEはGoogle日本語入力を使っています。

baf142a5.png

ことえりも嫌いではないんだけど、どうも小文字の入力が苦手で…という単純な理由ですが。

さて、それでは使い方を見ていきましょう。

とりあえず設定から選択して入力方法を変更しましょう。

変更したらこんなソフトウェアキーが表示されます。
d8392c85.png

まぁ、なんてことはない普通の入力キーですね。

デフォルトではフリック・テンキー入力に対応しています。
f5ec5872.png

予測変換は非常に優秀で候補もたくさん。
648d6ea3.png

候補をザッと探したいときはキーボード右上部の⇓アイコンをタップして
ひっぱると
3f7ca302.png

びろーんと候補が一覧で表示されます。
下方向にスライドしていけば隠れている候補もわかります。

顔文字やキャリアの絵文字の選択にも対応。
c7cf1f3f.png
  1608eb88.png

ただ、残念なことにマッシュルームには非対応なようです。
ここさえ対応なら完璧なのになぁ…っていつも思います。

さて、ここでアップデートで追加された機能について紹介しましょう。
まず、左下の文字種切替ボタンを長押しして
06cc780f.png

[Google日本語入力の設定]をタップしましょう。

e0c98cee.png

縦画面の入力設定内の
入力キーボードをフリックして
Godan キーボードに切り替えましょう。

すると、見慣れぬ配列のキーボードが表示されます。
9339f506.png

左1列が母音
右2列が子音

というスタイルになります。

これね、子音部分はフリックしてローマ字を入力するっていうスタイルなんです。
フリック入力同様慣れが必要かと思いますが、フリックになれたらこの入力スタイルも
なかなかハマる。

こちらのアプリもかなりおすすめな日本語IMEでございました。

※おまけ
QWERTY配列時のアルファベット大文字表示について

Shiftキーが無点灯の場合はすべて小文字
d0ffeee0.png

Shiftキーを1回タップすると、オレンジに点灯します。
この場合は次に入力する文字のみ大文字となります。
9fc06305.png

Shiftキーを連続で2度タップするとCaps Lock状態となり
再度タップするまで大文字での入力が可能になります。
92e254a5.png

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。