車の運転にスマホを使うならFMトランスミッターはやっぱり必需品なわけですよ

スポンサーリンク

久しぶりだね。。
シャープ製スマホと別れを告げて、galaxy S7 edgeをメイン端末として利用するようになって1点だけ困った点があります。
それはFMトランスミッター機能が搭載されていないという事実。

スマホ内の音楽を車で聴くのに重宝していたんですが、SIMカードが入っていないと使えないんですね。
つまり、僕は機種変更したことによって車の中で音楽を垂れ流す術を失ってしまったわけです。

まあ、もちろんFMトランスミッターを使わずに音量を最大にして音楽を聴くっていうのもいいんだけれども正直聴きづらい。
加えてタブレットで動画視聴なんかでも、ちょっと流れが速い道路なんかを走っていると、後部座席からは音が聞こえないという不満の声があがってくる始末。

そこで今回、FMトランスミッターを購入することにしました。

スポンサーリンク

ただのFMトランスミッターでは物足りない。シガーソケット増設タイプを購入

そう、車でFMトランスミッターを利用するにあたって問題となることの1つに「シガーソケット足りなくなる問題」というのがあります。
これ、意外と深刻ですよ。これまではスマホやタブレットの充電用にシガーチャージャーを利用していましたが、それがFMトランスミッターを設置することで利用できなくなるんですから。

それは困るということで僕が今回購入したのはEwinのBluetooth FMトランスミッターです。

20161010 fm transmitter bluetooth02 20161010 fm transmitter bluetooth03 20161010 fm transmitter bluetooth04

本機のポイントはズバリ、価格の割に高機能という点でしょう。

スマホやタブレットの充電に便利なUSBポートが2つ備わっていることで、デバイス充電時にどっちが先に充電するかでケンカになることがまずなくなります。

そして、microSDカードを挿入すれば、自動的に音楽ファイルを再生することも可能です。毎度スマホを接続してスマホ内の音楽再生をするのが億劫という人にはいいかもしれませんね。
曲送り操作も設置されているプラス・マイナスボタンで行うことができます。

さらにBluetooth接続中のスマホにかかってきた電話も、ハンズフリーボタンを押すことでそのまま通話を行うことができます。
ただ、この機能は本機の設置位置にも左右されるため、僕の車内環境だと相手には声が遠く聞こえるとのことでした。残念。

そして見逃せないのが、本機はシガーソケットにもなるわけですよ。
これなら別途ソケットを使用する機器を使用する必要性がでてきたときでもわざわざ差し替える必要なく、そのまま使えます。

マジ便利。

スマホ・タブレットとの接続方法とFM周波数の調整方法

さて、早速車のカーチャージポートにぶっさしてみました。

20161010 fm transmitter bluetooth07

本機を挿した状態で車のエンジンを入れると周波数が表示されます。調整する場合はプラス・マイナスボタンの長押しで本機の周波数を変更します。

しかし、まずは先にBluetoothでスマホ・タブレットの接続が優先。といっても、エンジンを入れた状態でデバイスのBluetoothをオンにすると勝手に拾ってくれます。

20161010 fm transmitter bluetooth10

表示されたデバイスをポチッとタップしてあげればペアリングはそれだけで完了。簡単ですね。

20161010 fm transmitter bluetooth08

あとは本機とFMラジオの周波数を同じ数値にしてあげれば、スマホの音楽がFMトランスミッターを介して車載オーディオで聞けるようになります。

……、ほらそこ、オーディオが古いとか、スペースが汚いとか言わない!
ちなみに奥から覗くようにこちらを見ているのはカバです。

タブレットとBluetooth接続して、動画やフルセグ、録画した番組を転送して見るというのもFMトランスミッター経由で車載オーディオに音声を任せられるって、かなり頼もしいですよ。

気になる方はこちらのエントリーもご一緒にどうぞ。

次回予告

いやはや、FMトランスミッターにUSBポートがついているなら、シガーチャージャーは不要になってしまったな。この穴には何をさすべき?
せっかくなので、万が一の備えを購入して車に設置しました。