発着信履歴をひとまとめ。偽電話履歴も作れちゃう『Call Log Monitor』は色んな意味で使えるよ【Android】

スポンサーリンク

標準の電話アプリじゃやっぱり厳しいよね。
無料通話アプリの普及でめっきり電話を使う機会が少なくなってきたなんて人も多いとは思いますが、電話が死んだわけではありません。そしてやっぱり浮気調査なんかのチェック項目の1つとして、今でも見られる機会が多いのは発着信履歴なんじゃないでしょうか。
『Call Log Monitor』は標準電話アプリの発着信履歴とは違って、様々な場面で活躍してくれる機会も多いであろう電話履歴アプリです。

スポンサーリンク

普通に使うぶんにも申し分ない分析機能付き通話履歴管理アプリ

これを標準の電話アプリにしてもいいくらい非常に機能が充実している、そんなアプリです。何がスゴいって、標準の電話アプリだと発着信履歴に残せる記録は当然ながら標準の電話アプリから発信したものに限られると思うのですが(僕がそう思っているだけで実は端末によってはあるのかもしれませんが…)、『Call Logo Monitor』の履歴には標準電話アプリの発着信以外の着信履歴も残すことができます

20150112 CLM02

例えばプライベートな通話には標準電話アプリで、仕事にはIP電話アプリをといった具合に使い分けていた場合、通常ならそれぞれのアプリで発着信履歴を確認する必要がありますが、このアプリではどちらの履歴も残すことができるのです。
これなら履歴をひとまとめにしておくことができるので、ステータスバーの着信通知なんかはシュッと消してしまっても大丈夫そうですね。もちろん、このアプリから電話発信する場合、複数の通話系アプリをインストールしていると発信するアプリの選択を行うことができます
僕の場合、標準電話アプリ・Skype・SMART Talk・LINE電話の4種類が発信時の選択肢として表示が可能でした。これはマジで便利。

履歴確認中に消してしまっても大丈夫。そう…『Past Notifications』があれば後から見れるぞ〜【Android】 | ガシュログ.com
<関連>ステータスバーの通知履歴を保存

「どの人と」「どれだけ」電話しているかを統計で確認

よく長電話する人や用件だけでサッと済む人など、誰にどれだけ発信してるとか、誰からどれだけ着信を受けているとか、そういった通話に関する統計を簡単に調べることができます。

20150112 CLM07

電話にするか、IP電話にするか、LINEなどの無料通話アプリを使うかなどの目安にもしやすいのでとてもいい感じ。特にこの機能はまだ定額通話契約に切り替えていないとか、IP電話だけで戦っているといった人にとっては重宝しそう。かく言う私もまだ定額通話サービスは契約しておりませんでね。
どうしても月々の契約価格分の通話なんてしないからIP電話アプリ(SMART Talk)が僕のメイン通話アプリになっています。

怪しまれたときの偽装工作にも使える偽電話履歴挿入機能付き

まぁ、僕がうさんくさい、疑われやすい人間であることに間違いはないのですがそれでも疑われるのは正直いい気分はしません。だけどバレると面倒な履歴があると見せるにも言い訳を考えなくてはいけなかったりと何かと面倒です。

相「電話つながらなかったけど何してたの?」
自「会社の上司と電話してた」
相「履歴見せて」

といった流れを上手く切り抜けるための偽電話履歴を自然な形で履歴内に挿入することができます。

20150112 CLM08

メニュー→【偽電話】の流れで内容を適当に決めて【挿入】で偽装工作がいとも簡単に行えます。バレてはマズい履歴を削除する変わりに偽の電話履歴を入れておけば、怪しまれる機会も少なくなることでしょう。通話時間も秒単位で偽装できるので、かなりリアリティのある履歴です。
ただし、このアプリで時間指定の着信偽装(かかってくるフリ)をすることができない点だけはちょっと惜しい気もする。

普通に使うにしても、怪しまれないよう偽装工作をしておきたい場合にもとても有効な使い方ができるアプリです。

アプリのダウンロードはこちらから

Call Log Monitor

制作: SoftRelay
価格: 無料
平均評価: 4.4(合計 5,175 件)

posted by: AndroidHTML v2.3



\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。