Googleマップで駐車場に止めた車の位置の詳細がわかるようになったどー!

スポンサーリンク

GW前に知っていれば…。

スマホ用Googleマップの機能がどんどん良いものになってきています。

今回新たに利用できるようになった「駐車場の場所を保存」機能を活用すれば、だだっ広い駐車場に車やバイクを止めたとしても、車どこに止めたっけ?と探す必要がなくなりますよ。

スポンサーリンク

駐車した場所をピンポイントで保存できるようになったGoogleマップ

個人的にはむしろ今までできなかったのはなぜなんだぜ?と思ってしまうこの機能。

駐車場所をピンポイントで保存できるようになったということで、さっそく試してみようとGoogleマップを起動してみるも、お目当ての「駐車場の場所を保存」という機能が一向に見当たらない。

どこよ?

今あなたがいる場所にそっと触れてごらんなさい

メニューを見ても、設定を見ても、画面を長押ししてみても、一向に目的の機能を探し出すことができずに途方に暮れていたそのとき、現在地を示す青いポイントに指が触れました。

170512 2

で…でた〜!

これはなかなか気づかないだろう。まさに灯台下暗し。

というわけで、使い方は今いる現在地を示す青いポイントをタップ→【駐車場の場所を保存】ということになります。

補足情報を追加入力できる

さて、このピンポイント駐車場保存機能、追加で補足情報を入力することができます。

170512 3

駐車場代無料という場所ならメモなんて不要かもしれませんが、場所によってはけっこうお高いでしょ?

都内なんて田舎出身の僕からすると日中の駐車料金には思わず目を背けたくなる場所がゴロゴロしてます。

あと、スーパーなんかだと最初の◯分無料とか、その後は△△△△以上購入で●分無料とか、そんなところが多いわけですよ。

そこで助かるのが「残り時間」の設定。15分くらい前に通知するよう設定しておけば、手痛い出費を重ねる心配も少なくなるかもしれません。

駐車場に戻る際は、アプリの検索窓をタップすると駐車した場所を選ぶことができるので、駐車した場所までナビしてくれるっていうのもなんだかいいですね。

また、保存した駐車場の場所は【×クリア】をタップすると削除することができます。

※iPhone版でも駐車場の保存はできますが、Android版とは異なり、詳細なメモや残り時間設定などはできないようです。

編集後記

僕もGWは車で遠出したわけですが、高速道路の大きめのSAだとほんと、駐車した場所がわからなくて困りました。これ、GW前に気付いてたらもうちょっと楽だったなあなんてしみじみ。

ネットで予約する格安駐車場 akippa 1日500円~

●安い駐車場が探せる!
●10日前から予約が可能!
●時間内の入出庫が自由(場所による)
●空き時間を駐車場として貸し出すことも可能

便利

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。