MacのParallels DesktopにWindows 10TP日本語版をインストールしてみた【設定編】

スポンサーリンク



設定といっても「Windows 10TPの」ではなくParallels Desktop側の設定になるんですけどね
さて、前回はParallels DesktopにWindows 10TP日本語版を新規でインストールする方法に関するエントリーでした。今回のエントリーでは、前回のエントリー通りにインストールしていくとぶち当たる壁(というほどでもないけど)について言及していきます。
どういった内容かというと、簡単に説明すれば前回のエントリー通りにインストールしていくと、Windows 10TPのデスクトップにMacのデスクトップの内容が反映されてしまうという現象と、その対処法についてです。

これから試してみようと思う方はまずこちらのエントリーからチェック!

MacのParallels DesktopにWindows 10TP日本語版をインストールしてみた【導入編】

スポンサーリンク

エントリー通りにインストールを進めると
Windows 10にMacのデスクトップが出現

先に設定を変更しておけばよかったといえばその通りなんですが、とりあえずWindows 10TPを早く体験してみたいということでインストール作業を先にしてしまったためか、Windows 10TPのインストール完了後、サインインしてみるとデスクトップにMacのデスクトップの内容が共有された状態になっていました。

Parallels Desktopの環境設定で
ユーザーフォルダの共有を行わないよう設定する

この現象を回避するには、Windows 10TPをインストールした仮想マシンのオプションでMacとWindowsの共有プロファイルを共有しない設定にしてあげる必要があります。

20150125 W10TPIns11

Windows 10TPを1度シャットダウンまたはレジュームした状態で、ウィンドウ右下にある設定アイコン(歯車ボタン)から設定画面を開きます。

①オプションタブを開いて
②共有の項目をクリック
③共有プロファイルにチェックが入っていればチェックを外す

これでWindows 10TPのデスクトップはスッキリ何もない状態になるはずです。

Parallels Toolsのインストール

これをやっとかないと始まらない。そう、Parallels Toolsのインストールは忘れずに。Parallels Toolsをインストールしておかないと、思い通りの操作ができない可能性があります。

20150125 W10TPIns02

仮想マシンウィンドウ右下の設定ボタン(歯車)が赤くなっていれば、Parallels Toolsはインストールされていないということになるので、クリックしてインストール作業を行っていきます。

20150125 W10TPIns04

【Parallels Toolsのインストール】→【続行】の順にクリック。

20150125 W10TPIns12

Windows 10TPデスクトップ右下に「DVDドライブ Parallels tools〜」という表示がでるのでクリック→【Install Parallels Tools】をクリックします。

20150125 W10TPIns09

ユーザーアカウント制御ウィンドウが表示されたら【続行】をクリックするとインストールが実行されます。インストールが完了すると、Windows 10TPの再起動を促されるので特に後でやる理由がなければすぐに【再スタート】をクリックして再起動します。

Parallels Toolsのインストールが完了!
これでMac側とのファイル共有が可能になる

Parallels ToolsをインストールするとMac側とのデータのやりとりなんかもドラッグ&ドロップで可能になったり、Windows側で作成したデータをMac側のフォルダに保存する、MacのデータをWindowsソフトで編集するといったことが可能になります。

まぁこれ、Parallels DesktopでWindowsを使うならおまじないみたいなものですね。
<関連:【Parallels】Windows 8.1へのアップデートでつまずいた点【Desktop】

MacのParallels DesktopにWindows 10TP日本語版をインストールしてみた(全3回)

【導入編】

→【設定編】←今ココ

【感想編】



この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。