【実機不要】MacのGenymotionでAndroid 5.0 Lollipopに触れてみた【Mac/Android/Windows】

スポンサーリンク

国産Androidはユーザーが望んでいてもなかなかアップデート対応してくれないからねぇ。
Googleが古いAndroid(といっても比較的新しいAndroid 4.3までもが対象)のサポート終了で、9億台以上のAndroidデバイスの脆弱性が放置される恐れがあるというニュースが最近話題になっています。ただこれ、OSレベルの話ではなくてWebViewという一部の機能における脆弱性の話です。要はAndroid 4.3までとAndroid 4.4以降では採用されている機能が違うから今後はAndroid 4.3以前のWebViewについてはGoogleでは修正しないよってお話です。
ニュースによってはそういった部分に不安を感じて最新スマホに機種変更するにしても、スマホの価格が5〜10万することが珍しくもなくなった昨今において、気軽に機種変更するということは一般ユーザーにとっては難しいですよね。2年経って新しいスマホに買い換えたらけっこう浦島太郎状態になっていたり…。
最新OSを体験するのにわざわざケータイショップや家電店に出向くのも面倒です。ここは自宅で、パソコンにエミュレータをインストールして手軽に体験してみましょう。
というわけで今回は久々の登場、GenymotionでAndroid 5.0 Lollipopを使う方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

GenymotionにAndroid 5.0を追加する

…とその前に、Genymotionってなんや〜? という人のためにちょっとおさらい。おさらいといっても知らない人向け。Genymotionをパソコンにインストールするまでの流れを以下のエントリーで解説しているので知らなかった人はまず先に予習をしておきましょう。

【Android】Mac・WindowsでAndroidが動かせちゃった【エミュレータ】 | ガシュログ.com
<参考>Genymotionのインストール方法

内容的には古い情報になりますが、おそらく手順的なものは変わっていないはず(変わっていたら教えてくださいまし)
Genymotionにおいても、VirtualBoxにおいてもどちらも最新のものをダウンロードしておきましょう。また、すでにインストールができている人も、Android 5.0 Lollipopを追加するにはどちらも最新の状態にしておく必要があります。最新でない場合は起動時に通知されるので指示に従ってダウンロードするようにしてください。

20150115 Genymotion11

環境が最新の状態になったらいざGenymotionを起動していきます。Genymotionが起動したら【+Add】をクリックしてOSの追加を行っていきます。

20150115 Genymotion12

Android versionの選択画面が表示されます。ここから追加したいOSのバージョンを選択していきます(ここでは5.0.0)。OSを選択したら、Device model(デバイス)の選択もあわせて行いましょう。
スマートフォンサイズ・タブレットサイズどちらでも、または両方、好みで選んで問題はありませんが、解像度が大きいとそれだけ画面も大きくなるので、パソコン側の解像度に合ったものを選んでおくのが無難でしょう。

Android 5.0の追加完了! だけどそのままじゃちょっと問題が…

さて、これで無事にMacやWindowsでAndroid 5.0を体験できる環境が整ったわけですが、まだそれでは足りないものがあります。そう…

Google Playがない!!

というわけでGoogle Playファイルを追加していきます。

ファイルをダウンロードしてGoogle Playを使えるようにしていく

単純にAndroid 5.0に触れてみたいというだけの理由であれば、そのまま利用してもいいと思いますが、やっぱりGoogle PlayがないとAndroidって感じがしない!
そこでGoogle Playが使えるように以下のサイトからファイルをダウンロードしていきます。

  1. ARM Translation Installer v1.1
    →Download the following ZIPsから
  2. Google Play
    →Begin Downloadから

それぞれのファイルをダウンロードしたら順番に起動した状態のAndroid 5.0にドラッグ&ドロップしてインストールしていきます。

20150115 Genymotion14

ファイルのインストールが完了したらアプリの最適化が開始されます。

20150115 Genymotion04

これでようやくGoogle Playが使える…と思ったら、ここでまた一悶着。Google+の再インストールが必要になります。

やたらとウザいGoogle+の再インストール

一回警告してくれれば再インストールするだけなのに、やたらと警告してくるGoogle+の再インストールポップアップ。これ、再インストールが完了するまでひたすら出現します。

20150115 Genymotion15

更新作業進行中でも表示されるので、面倒ですが【OK】をクリックしてひたすら再インストール完了を待ちましょう。

20150115 Genymotion13

これでようやくGoogle Playが使える状態になりました。あとは好きなようにいじって楽しみましょう。

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

12 件のコメント

  • こちらの手引き通りやってみたのですが、ドラッグ&ドロップしてもアプリの最適化がされません(>__<)

    • >amamさん
      ダウンロードしたZIPファイルを解凍して作成されたフォルダをドラッグしたりしてませんか?
      ZIPファイルのままドラッグすればエントリー通りの動作が行われると思います。

  • 早速のお返事ありがとうございます!
    確かにZIPファイルじゃないんです
    でも解凍等してないのに2つともファイル形式になってしまっているんです(>_<)

  • ご丁寧にわざわざありがとうございます(涙)
    mac使用です!
    アドバイス頂いた通り圧縮でZIPにしてドラッグ&ドロップしてみたのですが
    やはりダメでした…
    英語なのではっきりはわからないのですが、どちらもSDカードにコピーされました的なメッセージが出ます(>_<)

    • >amamさん
      順番的にはARMのZIPをドラッグしてOKをクリック、次にGooglePlayのZIPをドラッグしてという形でOKだと思います。
      エミュレータを起動した状態でドラッグ&ドロップしてますか?

  • 一応エミュレータを起動してその順番でやっているつもりなのですが…(;_;)
    エミュレータ2つ起動してやってますがどちらも同じ反応で…
    面倒なコメントすみませんorz

    • >amamさん
      ARMをドラッグ&ドロップしてインストールできたら1度エミュレータを閉じて再起動。Google Playをドラッグ&ドロップしてみて下さい。
      1度再起動してからだと変化があるかもしれません。

  • ARMをドラッグ&ドロップしてもSDカードにコピーできました的なメッセージが出るだけで何かがインストールされた気配はないんです…

    • >amamさん
      ①Genymotionが最新かを確認する
      ②Safariの環境設定の一般タブにある「ダウンロード後、安全なファイルを開く」のチェックを外した状態でARM・Google Playのファイルを再度ダウンロードする(これならZIPでダウンロードできると思います)
      ※先にダウンロードしていたファイル等はすべて削除しておきましょう。ZIPと認識していない可能性が高いです。
      ひとまず、上記②項目を確認してAddから新しい状態で作成してみるといいかと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。