この記事いつの?という疑問を解消するChrome拡張機能『Finitimus』

ライフハック

新しい情報を知りたいとき、最近の若い人はTwitterなどのSNSを検索するそうですね。もはやググったりするのは時代遅れなのかしら…。いやいや、まだまだ検索エンジンで知りたい情報を検索するってことも多いでしょう。

で、知りたい情報にたどり着いたとき、その情報の鮮度が気になったりするわけですよ。ブログであれば投稿日や更新日が記載されていれば、それが新しい情報なのか、それとも古い情報なのかという判断がつけやすいんですが、たまにあるんですよね。投稿日も更新日も非表示になってるってやつが。

しかし、Google Chromeの拡張機能『Finitimus』をもってすれば、その情報が新しいものなのか、古い情報なのかを簡単に判別することが可能になります。

記事がインデックスされた日を教えてくれる拡張機能『Finitimus』

『Finitimus』は、記事がインターネット上にインデックスされた日を教えてくれるGoogle Chromeの拡張機能です。

Chrome ウェブストアの『Finitimus』のページにアクセスしたら、[Chromeに追加]ボタンをクリックしてChromeに機能を追加します。

たったこれだけ。あとは、投稿日も記事更新日も表示されていないサイトの記事を見つけたら、Chromeに追加された『Finitimus』アイコンをクリックするだけ。

アイコンをクリックすると、「Accurary」という項目と、「Published On」という項目の2つが表示され、記事がインデックスされた日を表示してくれます。温度計については正確性のようで、表示温度が高いほど日時に関する正確性が高いようです。

記事の投稿日や更新日が謎すぎる情報を見つけたときに、これいつごろ公開されたものなの?と疑問を持ったときに役立ちそうな機能です。

Download

コメント

タイトルとURLをコピーしました