Android TVブラビアとNasneの無線連携がいまいち?その問題の解決にはTorne mobileが一役買うかも!

スポンサーリンク

もはやイライラレベルが尋常ではない(主に妻が)。

Nasneの無線化は、自宅家電のスマート化の第一歩として正解です。コードレスな生活、最高!なわけですが、時折テレビのリモコンから録画番組視聴ボタンを押してもうまく連携が取れないという事態が発生することがありました。

発生頻度はさほど多くもなく、少し時間をおけば何事もなかったかのごとく録画リストが表示されていたためこれまで気にしていなかったのですが、ここ2ヶ月ほどで連携できない頻度が激増したこともあり、いよいよ対策が必要になってきたなあと重い腰を上げた次第です。

スポンサーリンク

Android TV搭載ブラビアとNasneの連携はいまいち?

1701101 1
ポッメ
最近全然録画した番組見れんのやけど
コッコ
見れんてどういうことね?
ポッメ
テレビのリモコンで録画リスト表示しようとしても表示されんっちゃん。イラつく

原因はいまいちつかめないものの、ブラビアとNasneのネットワーク連携がいまいちうまくいってないご様子。

コッコ
OK、落ち着け。まずは状況を整理しよう

そう、こういうときは慌ててはいけません。1つ1つこれかもしれないという可能性を考えてみることにします。

ちなみに我が家のブラビアは2015年製のブラビア KJ-43X8500Cであります。

とりあえず今わかっている状況は、ブラビアと無線接続のNasne間の連携がいまいちうまくいっていないということのみ。PS4、スマホ、タブレットなど、Nasneとテレビ以外の連携がどうなっているのかをまずはっきりさせる必要があります。

NasneのAOSS接続、WPS接続がうまくいかないときの対処法。面倒だけど確実に設定する方法

2017.07.01

Nasneを無線化して快適な録画ライフを送る準備を整えるためにやるべきただ1つの方法

2016.09.07

テレビとNasneの連携にアプリを挟んでみる

1701101 11

テレビが問題なのか、Nasneが問題を抱えているのか、まずはどちらに問題があるのかを把握するためにスマホ・タブレット・PS4など様々な環境を駆使して検証を行ってみる必要がありそうです。

さて、そこでテレビ⇔Nasne間の問題点を浮き彫りにすべくまず最初に試したのがスマホアプリから操作してNasneで録画した番組がテレビで視聴できるかどうかを試してみることにしました。

Nasneでテレビ番組を録画してスマホで視聴するスタイルを可能にする2つのアプリ【追記あり】

2016.09.12
1701101 7

今回の検証で利用したアプリは「Video & TV sideview」。このアプリの良い点はテレビを機器登録しておくことで、Nasne内の録画番組を視聴可能にしてくれるという点です。正常に動作した場合、操作性こそテレビリモコンからの操作には劣るものの、スキップ、早送り程度であればアプリからの操作でもなんら問題はありません。

1701101 4

とりあえず「Video & TV sideview」アプリ+Nasne+テレビの三者間連携であれば操作に問題ないことを確認し、振り出しに戻ります。

ここでテレビで録画番組が再生できないのであれば、Nasneまたはテレビ、もしくは両方になんらかの問題が発生しているんだろうということが想像できますが、アプリ⇔Nasneも、アプリ⇔テレビも問題ないのであればそれこそどっちが原因なんだろう…と悩んでしまいます。

PS4のtorne経由のテレビ視聴にも一切問題なし!

1701101 6

もし原因がNasneにあるとするならば、torneアプリを経由すると、テレビでの視聴に問題が起きるかもしれない。そう考えた僕はPS4のtorneアプリから視聴できるかどうか操作してみることにしました。

1701101 5

普通に見れてしまうんだなぁこれが。

ここまで触れてみて、とりあえずわかったことは、テレビとNasneの間の連携になにか問題が発生しても、アプリを利用すれば視聴するぶんには問題は見当たらないということ。

原因はテレビ⇔Nasne間のネットワークが不安定なせい?

1701101 12

結局のところ、なぜテレビ⇔Nasne間でだけこのような連携不調が発生するのか原因はわからずじまいという結果となってしまいました。

つまりは解決策として提示するとすれば

  1. Video & TV sideviewアプリでテレビでの録画番組視聴を行う
  2. PS4+torneアプリをかましてテレビで録画番組を楽しむ

という2策が提示できるわけです。しかし、いずれもスマートな解決策かと問われれば必ずしもそうではありません。

①の解決策がスマートならざる理由

手のひらにテレビのリモコンがあるにもかかわらず、スマホアプリを利用して操作するって、一見スマートにも思えますが、それは“操作ができる”人の視点だからです。

僕の妻のように、メールやゲームといったスマホ操作くらいにしか関心のない人にとって、テレビ操作におけるテレビ用リモコンの絶対的優位性は揺るぎません。テレビを操作するためだけにスマホアプリを起動するのは面倒という意見もごもっともでございます。

おそらくはボタンを押しているという感覚がないのはあまり心地よいものではないのでしょう。なんとなくわかる気はします。

加えて「Video & TV sideview」経由のテレビでの録画番組視聴はお世辞にも操作性が良いものとはいえません。

②の解決策がスマートならざる理由

録画番組を視聴するためだけにPS4を起動して、torneアプリを操作して視聴するって、ぶっちゃけ手間ですわな。PS4を常時起動しているって人ならそれでも良いかもしれませんが、我が家でのPS4の立ち位置はあくまでゲーム機であって、それ以外のアプリやコンテンツはおまけでしかありません。

PS4経由の視聴を提案したら、面倒くさいと一蹴されてしまいました。まあ、それも電気代がもったいないという主婦的目線で考えるとわかる気はします。

ということは、あらたな解決策が必要となるわけですよ。条件はテレビリモコンの操作で完結できること。

テレビリモコン操作で完結できる現実的でスマートな解決策は…やっぱりtorne mobile!

1701101 8

さて、スマホアプリでの操作が気に入らないと言われてしまえば、代替となる解決策を提示せねばなりません。そこでふと頭をよぎったのがtorneの存在でした。

PS4+torne⇔Nasne⇔テレビの連携がイケるのであれば、Android TVブラビアであれば、torne mobileインストールできるんじゃないの?と。

さっそくGoogle Playでtorne mobileの対応状況を確認したところ、Android TVにも対応していることを確認しました。

これがわかれば話は早い。Android TVブラビアにtorne mobileをインストールして起動してみました。

1701101 2

うん、イケそう!

PS4向けtorneとの大きな違いはNasneの情報が残容量しか表示されないという点くらいのものでしょうか。これならテレビのリモコンで操作できることもあって、録画番組を視聴するためだけにPS4を起動する必要もない。意気揚々とビデオボタンから視聴を開始しようとしたら、思わぬ落とし穴が待っていました…。

torne mobile経由での視聴にはアプリ内課金が必要

操作性の良さで考えれば、間違いなく「torne mobile>Video & TV sideview」なわけですが、テレビでの視聴に限れば、無料で操作できるVideo & TV sideviewに分があります。

悩んだ末に出した答えは…

1701101 3
ポッメ
購入しますた
1701101 9

まあ、Googleアンケートモニターから時折届くアンケートに回答して貯まったGoogle Playクレジットが利用できたこともあり、手出しはゼロでしたが。

Google アンケート モニター

Google アンケート モニター
開発元:Google LLC
無料
posted with アプリーチ

すでに同一アカウントでスマホでtorne mobileを利用している、かつアプリ内課金して機能購入済という場合は、購入情報の復旧をクリックすれば、情報が反映されます。

ここまで準備しておいて、テレビ内アプリ⇔Nasneの連携がうまくいかないと涙もちょちょ切れてしまいますが、結果としては問題なく録画番組の視聴ができました。

テレビリモコンでの操作においてもそこはさすがというべきtorne mobile、快適そのものでございます。PS4コントローラーでの操作とリモコン操作の違いこそあるものの、慣れてしまえば快適そのもの。

Android TV+Nasneでもこれからはtorne mobileの利用が断然おすすめという棚ボタな結果を得ることができました。

編集後記

後日談とはなりますが、Video & TV sideview経由での視聴でも極稀に操作を受け付けなくなったり、読み込みができなくなることがありました。やはりテレビとNasneの間でなんらかのトラブルが発生しているのでしょう。

しかし、PS4のtorneやAndroid TVのtorne mobileではなんら問題が発生していないところを見ると、やっぱりtorne経由が正解なんだろうなあと思います。

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。