個人でも自営業でも。クレジットカード決済を手軽に始められる『Square』と、これを薦める2つの理由

スポンサーリンク

シュッとするだけのお手軽感が好きです。
個人事業主や自営業で店舗を構えているという方向けに、手軽にクレジットカード決済を導入できるサービスが少しずつ出揃ってきました。これから商売をしようと考えている人にとっても、クレジットカード対応ってけっこう重要なところだと思います。

そこで今回紹介するのがクレジットカード決済サービス『Square』です。
イヤホンジャックにカードリーダーを差し込むだけで、手元のスマートフォンやタブレットがレジに早変わり。個人レベルでもクレジットカード決済対応だと、商売をする際の印象もけっこう変わりそう。

スポンサーリンク

Squareに利用登録してサービスを使ってみよう!

スマホをクレジットカード対応レジに変身させるには、まずはSquareでアカウント登録を行うところから始めましょう。アカウントを作成すれば、すぐにSquareリーダーが無料で手元に届けられます。

20150413 Square02
とても小さいので、紛失しないよう注意が必要ですね。基本的にクレジットカード決済を行う際は、このSquareリーダーをスマートフォンのイヤホンジャックに挿して利用することになります。

20150413 Square08
Squareのウェブサイトから、もしくはアプリ上で商品登録しておくと、会計もスムーズに行えます。商品によってはオプション設定も行えます。
オプション設定では抱き合わせ販売でちょっとお得にしたい+αな商品や提供サービスなどを付け加えておくといいでしょう。

Squareアプリでスマホ画面がレジに変身

Squareのスマホアプリを起動すると、即座にスマホが小さなレジになってくれます。登録したアカウントでログインしておけば、商品を選択するだけで合計が表示されるので便利。

20150413 Square04
お会計時は「お会計」をタップすると、会計の方法を選択できます。クレジットカード以外の選択肢も表示されるので様々な決済手段であっても、会計を混乱させることはありません。

複数人での割り勘にも対応する「個別精算」機能もついています。
2000円のものを3人で購入された。→2人は現金で、もう1人はクレジットカード払いを希望しているというケースでも、「個別精算」で問題なく対応できます。

リーダーにカードをシュッと通してサインをするだけ。このお手軽感はちょっとクセになるかも

クレジットカードでの決済方法は2通り。カードをシュッと通すか、カード番号を手入力するかのいずれかです。クレジットカード払いをするのに手元にクレジットカードがないなんていうことは通常なかなかないと思うので、基本的にはシュッと通すだけでOKですね。

20150413 Square05
シュッと通すことと、カード番号を入力ことの違いは決済手数料の違いになります。シュッと通す場合は会計金額の3.25%が手数料としてひかれますが、手入力の場合は3.75%になります。
つまり1万円の支払いをクレジットカードで承ったとき、シュッと通せば9675円、番号手入力だと9625円が売上ってことになります。

20150413 Square03
カードをリーダーに通すと、ちゃんと利用できるのかどうか認証が行われ、ちゃんと利用できるカードであれば手書きサインの入力画面に切り替わります。お客さんに手書きのサインを頂戴しましょう。

20150413 Square06
サインをもらったら【続行】をタップして決済完了。

レシート発行に紙は不要。メールでレシートを送信!

決済が完了すると、レシートの発行作業に移ります。といってもさすがにスマートフォンから紙は出せない。レシートが必要な場合はメールアドレス、もしくは電話番号でのSMSで対応が可能です。

20150413 Square07
また、別途Squareレジ対応のキャッシュドロアーやプリンターを購入すれば、完璧にレジです。ハイ。

僕が『Square』の導入をオススメする2つの理由

スマホやタブレットを簡単にクレジットカード対応のレジにできるサービスはSquareのほかにもイロイロあります。

例えばCoiney楽天スマートペイなどが挙げられます。この2つのサービスにおいては、クレジットカード決済時の手数料はSquareが3.25%かかるのに対して3.24%と安い。しかし、それでも僕はSquareを選択しています。

『Square』の銀行振込手数料は無料!

手数料の違いは0.01%ですが、実際に銀行に振込が行われる際にかかる振込手数料はSquare側が負担してくれます。

 
振込手数料
Square無料
Coiney10万円未満210円
10万円以上無料
楽天スマートペイ楽天銀行口座の場合0円
それ以外210円

楽天も楽天銀行口座さえ作ってしまえばいいんでしょうが、個人的に楽天を使わないためそのためだけに口座を作るのもなぁと思ってしまっているところ。

『Square』では振込依頼を行う必要がない

クレジットカード決済を行ったあと、『Square』の場合は、自分が指定している口座への入金を依頼しなくていいという点が非常にラクだと感じています。

 
入金日
引き出し依頼
Square三井住友銀行
みずほ銀行
翌日正午頃
(土日の場合は翌週月曜正午頃
不要
それ以外の銀行当週金曜正午頃
(木曜深夜0時以降は翌週金曜正午頃)
Coiney月6回の締め日必要
自動引き出しの場合は毎月末日締めの翌月20日入金
楽天スマートペイ楽天銀行翌日不要
それ以外の銀行翌営業日必要

振込日においても、楽天スマートペイの場合は楽天口座さえ持っていればいいのでしょうが、先の挙げた理由の通り口座を作ることを躊躇しているため個人的な理由ながら『Square』の方が魅力が高いと感じています。

それ以外の部分においては、どのサービスにおいても対応に差はないと思っています。ほんのちょっとした部分ですが、口座を新たに作る必要がない、引き出しを依頼する面倒な手間がない、振込手数料は無料、という点は特に個人の場合において煩わしさを感じさせないサービスだと思います。

アプリのダウンロードはこちらから

Squareレジ

Squareレジ
開発元:Square, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Squareにはこちらからアクセス

Square (スクエア)|スマートフォン、iPadでクレジットカード決済
編集後記

個人で商売をしていく上で、クレジットカード対応か否かってけっこう重要だと思います。もちろん現金対応だけで済ませられるのであればそれが1番いいのでしょうが、このご時世ではなかなかそういうわけにもいきません。かといって売上を管理する口座が複数に分かれてしまうのも管理が煩わしくなってきてしまいます。そういったなか、振込手数料が無料なら、わざわざ新しく口座を作る必要もなく手軽に使えます。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。