スマホがどこにいったかわからない?『ホイッスル電話ファインダー』+口笛吹いたらホラッ!見つかった!【Android】

スポンサーリンク



部屋が汚ければきたないほど効果は絶大なものに!!
スマホを肌身離さず持っているという人でなければ、1度や2度くらいスマホどこいった?って部屋の中を探しまわったことがあるはずです。
特に、いつもとは違う場所に置いているとなくなっちゃった! って焦って探しまわっちゃいますよね。家族や友だちが近くにいれば電話をかけてもらえるけど、いつでもそういう状態が整えられているとは限らないし、マナーモードになってしまっている可能性だってある。
『ホイッスル電話ファインダー』口笛にだけ反応してスマホの居場所を音で教えてくれるとっても賢いアプリです。

スポンサーリンク

口笛を「ピャー」とひと吹き。スマホが反応して音が鳴る

口笛にだけ反応するっていうところがこのアプリのミソ。声を出しても反応しません。これってけっこうスゴい気がするんだけど、そうでもないのかな。
どんなものか知ってもらうためにも、まずは動画でアプリの反応を確かめてもらいましょう。



声を出してもまったく反応がなかったのに、口笛にはたったひと吹きで反応したことがわかってもらえたと思います。正直おぉ! と思ってしまいましたよ。
このアプリがスゴいということはこの動画を見てもらえればわかったとは思いますが、重要なことが1つあります。それは…

口笛が吹けないと意味がない…

幸運にも僕は今まで生きてきた中で、口笛が吹けないという人と出会ったことがないのでおそらくそんなに多くはないと思いますが、口笛が吹けないとこのアプリを使うメリットは見いだせません。
つまり、吹けない人は口笛の練習をしましょう。1時間も練習したらきっとできるようになるはずです。

口笛にうまく反応しない? 感度調整をしておこう

アプリをインストールしたまでは良かったけど、口笛に全然反応しないということもないとは限りません。アプリの設定で口笛の感知感度の設定を見直しておくといいでしょう。

20150122 WF07

アプリを起動すると、機能がまるっとまとまって表示されています。表示から動作するまでに若干反応が鈍い気がしますが、焦らず操作しましょう。ぶっちゃけけっこう動作は重めです。
右上から時計周りに感度・ライト・音設定・機能のオンオフという機能が並んでいます。口笛に関する感度は高めの方が感知しやすい気がします。口笛を低音で吹くのって気持ち面倒な気もするし。

謎のLEDライトオン機能。これ…使うかな?

ライトに関してはなぜこの機能をつけたのかちょっと疑問ではあります。口笛に反応してライトが点灯するわけでもなく、ボタンを押さないと点灯しません。なぜこの機能があるのかいまいちわかりません。

20150122 WF06

さらにこのLEDライト機能、ウィジェットも用意されています。うん、謎機能…。

口笛を吹いたときに鳴る音楽はお好みで

口笛を感知した際に鳴らす音楽はアプリで用意された音楽のほか、SDカード内の音楽ファイルを設定することも可能です。

20150122 WF08

音符ボタンをタップ→【Select Phone Sound】から、SDカード内に入っている音楽ファイルなどを自由に選ぶことができます。鳴らしたい音楽を決めたら、音楽ファイルをタップ→チェックボタンをタップすれば設定完了です。
あとは機能をオンにしておけば、万が一スマホがどこにいったかわからなくなったときに、口笛ひと吹きですぐに探し当てることができるようになります。

マナー・サイレントモードでも無問題!

電話発信やメール受信なんかの呼び出しだと、マナーモードもしくはサイレントモードに設定してしまっていると、探し出すのはけっこう骨が折れる作業。だけど『ホイッスル電話ファインダー』なら音楽ファイル(音設定はメディアボリューム)だからそれらの設定は関係なし!
ただし、メディアボリュームをゼロにしてしまっている場合は音が鳴らないのでそこだけは覚えておくようにしましょう。

日頃から使い倒すようなアプリではないけれど、よくどこにいったかわからなくなってしまうというオッチョコチョイな人には保険としての意味合いも含めていざという時に使えるアプリです。

アプリのダウンロードはこちらから

ホイッスル電話ファインダー
制作: Nine Hertz India
価格: 無料
平均評価: 3.8(合計 5,746 件)
posted by: AndroidHTML v2.3


この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。