【追記あり】スマホで縦書きメッセージ作成。『タテL』で普段とは違うメッセージを送ってみよう【Android/iPhone】

スポンサーリンク

縦書きって案外いいアイデアかも。
パソコンだと縦書きする機会って思ったよりあるものだけど、ことスマートフォンにおいて縦書きをするっていう機会はあまりなかったように思います。
まず何より文字入力が面倒くさい。改行とかやってらんねーよってことですね。だけどメッセージ系アプリを使っているとき、無性に使いたくなるときがあります。
『タテL』はスマホの文字入力における縦書き作業の面倒を一手に引き受けてくれる、ちょっと面白いアプリかも。

スポンサーリンク

ただのタテ書きには興味はありません。ナナメ書き、ギャク書きにも対応

ただ入力したテキストを縦書きに変換するだけのアプリだと、面倒でも改行した方が早いです。『タテL』の面白いところは、縦書きのほか、ナナメ・ギャクといった変換にも対応してくれているところでしょう。

20150113 tate l14

ボタン1つ押すだけで、入力したテキストをサッと変換してくれます。ナナメ書きとか特にいい感じ。ギャク機能、このエントリーを書いている途中までギャグだと思っていました。ギャグってなんや〜って思っておりましたがよくよく見てみるとギャク(逆)でした。ギャク+ナナメだともはやただのテキストが異世界の文字に見えて仕方ありません。

フォントが変更できるってなんかいいかも

さらに『タテL』では、入力したテキストのフォントも変更することができます。

20150113 tate l15

種類もそれなりに揃っていてこれだけでも色々遊べそうな感じ。
フォントの変更に加えて文字色や背景色の変更も行うことができます。

20150113 tate l17

なんだかデコメール(なんだか懐かしい言葉のように思えますね)でも作成しているような気分になります。個人的には選択画面がもう少し小さいほうがテキストや背景にどう変化が現れるのかがわかりやすい気がします。

スタイルが決まったら色んなアプリで共有してみよう

このアプリのメインな使いどころはLINEでの利用が主のようでメールなどでタテ書き・ナナメ書きで送信したい場合は【その他へ共有】から共有したいアプリを選ぶスタイルの模様。
いくらフォントや背景色を変更したからといって普通にLINEや他アプリで共有しようとしても、元のテキスト文字(タテ・ギャク・ナナメは反映)しか送れません。スタイルを変更したまま送信したい場合はイメージ(画像化)として送る以外に方法はなさそう。

20150113 tate l21

ということで【イメージとしてLINEで送る】を選択してみたまでは良かったんですが、僕の環境(Android 4.1 AQUOS PHONE)ではどうやらうまくイメージ化ができないようで、問題が発生して強制終了してしまいました。
おそらくグローバルな端末なら問題がおこることはないんだろうなと勝手に推測しています。


※アプリのバグだったようで、アップデートで強制終了の問題は解消されています。【イメージとしてLINEで送る】をタップすればLINEのトークやタイムラインで使うことが可能です。
イメージ化したものを共有できるのは現状LINEのみのようなので、機能としてイメージ化して保存するような機能がつけば他チャット系アプリでも使えそうなのになという感想。

20150113 tate l13

ちなみにイメージをLINEで送信するとこんなイメージでメッセージを送れるようです。

Android版はマッシュルーム対応で便利さUP!

現状では単体で『タテL』を起動しないとタテ書きなどの操作を行えないためアプリの使い分けが煩わしく感じてしまうかも。アップデート等でマッシュルーム対応にでもなればAndroidユーザーにとっては喜ばしい感じですね。これからの進化をそっと見守りたいアプリの1つです。
アップデート対応でマッシュルーム対応になったようです。これならアプリを起動する必要なく、ソフトウェアキーからマッシュルームを呼び出して、いつでも簡単に縦書きを楽しめますね!

アプリのダウンロードはこちらから

タテL - LINE(ライン)へ縦書きメッセージを送ろう!

制作: Ryu Iwasaki
価格: 無料
平均評価: 0.0(合計 0 件)

posted by: AndroidHTML v2.3



\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。