僕がiMacを選んだ理由

スポンサーリンク

今日は比較的時間が開いているので
ちょろちょろと更新していこうかなーなんて思ってます。
編集をやっていた頃は都合上家ではWindows、会社ではMacって感じで
使い分けていましたが、仕事を辞めてライターに転身したことを機に
実はiMacを購入しました。
Mac Book Rroあたりと迷ったんですが、脱東京からの田舎暮らし。
スタバなんかのオシャレなカフェで仕事〜なんてやってたら
なんだこいつ的な感じで見られてしまうのです。

なのでiMac。

スポンサーリンク

仕事を含めずに個人的なお付き合いとしては
まもなく4ヶ月になります。

なぜWindowsではなくMacを選んだのか。

1.AndroidスマホのキャプチャをDDMSで行う際にドライバーのインストールが不要

これは非常に重要でした。
仕事上DDMSを使ってスクリーンショットを撮影することがほとんどなのですが、
Windowsマシンの場合、端末によっては専用のドライバーが必要になる場合があるからです。
探せばいいんだけど、面倒なんです。

2.仕事上都合がいい
WindowsからZipで圧縮したファイルをMacで解凍すると、日本語が文字化けしてしまうんです。
Mac側でアプリを入れれば問題ないといわれれば、そうなんですがその手間が面倒。
ショートカットキーなんかもMacならWindowsの倍の速さで覚えちゃうってのもあるかなぁ。
FinderなんかはやっぱりWindowsのエクスプローラより便利かなと思っちゃうわけです。

3.Windows OSも使える
これはWindows→Mac OS Xでも不可能ではないけど、自分のWindows環境では
なぜかできなかったのでやっぱりMacかなと思った次第です。

Boot Campは使ったことないけど
仮想環境で十分ならParallels Desktop、VMware Fusion
フリーでもVirtualBoxなんかありますよね。

いろいろと遊んでみたかったのでとりあえず
VirtualBoxをいれてWindowsやらAndroid 4.0やら入れてみたわけです。

↓Android 4.0
677088c0.jpg

↓Windows 8
0957a9ab.jpg

さすがにメモリがアップアップになってしまいまして、
4GB→20GBへとメモリを増強。
さらにガチャガチャといじっていたら…

どーん!
cd80cbec.jpg

なにが原因でこうなったのかはわからずじまいだったけど
OSが初期化されちゃいました。

あの手この手でデータを復旧させようと試みたけど
結局無理でした。

「俺…iPhone 5の仕事が終わったらバックアップするんだ!」
なんて死亡フラグを立ててしまったことがよろしくなかったようです。

仕事の原稿が30ページくらい残ってたのにすべてが消え去ってしまいましたよ。
でもまぁ、先に終わってた65ページ分はDropbox上に保存してたんで
最悪の事態は逃れたわけですが…
あんまりいじりすぎて不安定にしすぎるのもいかんなと痛感しました。

まぁ、そこが原因なのかどうかは定かではありませんが。。。

OSを入れなおしてある程度作業できる環境を整えて
バックアップを…と思ってたらまた問題が出て来ましてね。

Windowsで使ってた外付けHDDはフォーマットをNTFSにしていたわけです。
するとなになに…
Macでは書き込みできない。

読み込み専用だったわけです。

ただ、無理やり読み書きさせる方法も無きにしもあらずですが
割りと面倒な上にメリットも少なそう。

ということで、フォーマットを変更する作業を行いました。
Windows&Macで読み書きを共有できる
exFATが妥当と考えて
フォーマットし直したわけです。

1TBのHDDの中にはマンガやアニメが200GBくらい入ってたんで1時間弱かかったけど
とりあえずiMacへコピーしてからのフォーマット。
WindowsでもexFATへのフォーマットはできますがMacで行った方が簡単です。
また、環境によってexFAT形式に対応していない場合もあるので共用にしたい場合は
注意が必要です。
Windows 7以外で共有する場合は
Windows XP→SP2以降
Vistaたん→SP1以降
が必要です。

フォーマットしたら中のデータは空っぽになるので必ずコピーをとってから
行うようにしてくださいね。

exFAT形式に変更してからiMac内にコピーしたデータを
再びHDDに保存し直して完了。

…と思いきや、環境をバックアップすることを忘れておりました。

またOSを再インストールするハメになる前に
Time Machineで環境をバックアップしなきゃ!
…と思っていたら、今度はexFAT形式じゃTime Machineでバックアップはできない!

ということに気付き(遅すぎ)
どうしよう…と悩みました。

外付けHDDのパーティションをexFAT形式とMac OS 拡張形式で分ければいいのかーなんて
単純に考えてたけど、万が一どちらかに何かが起きれば両方おジャンになるとのことだったので
とりあえずバックアップには専用のHDDが必要だなというところで結論がでました。

まぁ、そのうちバックアップしながらぼちぼちといじっていこうかなと思ってます。

なんだか、書いているうちに内容がどんどん変な方向に向かってきたけど
許してちょんまげ。まだ仕事が片付いた開放感から頭がふわふわしてるのです。

ということで、これからはMacに関することもちょびちょびと書いていきたいなと思っている今日この頃です。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。