楽譜が作れるウェブアプリ『クリエイターズ』。家でも外でもどこでも作曲できてなんかスゴい!

スポンサーリンク

1度や2度くらい、バンドマンに憧れたことくらい僕だってありました。
なぜ僕がバンドマンに憧れを抱きながら、バンドマンになろうとは思わなかったのか。それは

楽譜が読めなかったから

にほかならない。さすがにト音記号とか、ヘ音記号、ドレミファソラシドなオタマジャクシくらいならわかるけど、それ以上のことについてはサッパリ。
だから憧れは憧れのままにだったわけです。母親がピアニストという家系に生まれながら、僕には音楽の才能は全然なかった。
才能というよりやる気の問題だったんじゃあないかとも思いますが、ピアノの練習をするより外で遊ぶ方が楽しかったんだから仕方がない。
そんな僕が「おぉ、便利そう」と思ったウェブサービスが『クリエイターズ』。ウェブ上で楽譜が作れるっていうお手軽ウェブアプリです。

スポンサーリンク

必要なのはブラウザだけ。パソコンでの作業の続きを外でスマホで…もOK

なんてったってブラウザから『クリエイターズ』にアクセスするだけで、手軽に楽譜が作れるので作業自体は家ではパソコン、外ではスマホのブラウザでっていうやり方ができます。
けっこうあると思うんです、外にいるときにふとインスピレーションが働くこと。仕事のアイデアとかならEvernoteやメモアプリに残せばいいだけなんだけど、こと音楽となるとなかなかそうはいきません。

録音系アプリを使って鼻歌でも録音すればいいのかもしれませんが、周囲に雑音があったり、人混みの中だと正確に録音できるとは限らないし、何より恥ずかしい。

20150216 creators02
クリエイターズはそういう音楽活動を行っている人にはピッタリなウェブサービスだと思います。

機能はシンプル。楽譜作りに必要な機能のみ

僕が楽譜を読めないせいか、うまく説明することは難しいですが、機能自体はとてもシンプルなものです。画面に表示されている譜面に必要なものを、コマンドから選んで配置していくだけ。

20150216 creators03
ただ、パッと見だけでは何をどうすればいいかわからずに固まってしまうこともあるかと思います。

20150216 creators07
そういう場合はコマンド群の右上にある「?」をクリックしてみましょう。ヘルプモードになります。この状態でそれぞれのコマンドをクリックすると、どのボタンでどんなことができるのか、必要なキーはなんなのかを把握することができます。

音符1つみても、かなりしっかりした作り

音楽、とりわけ作曲に関してはまったくわからない僕ですが、設置していくだけならなんとなくわからないなりにできそうだと思ってしまうほど、しっかりできている…と思います。

20150216 creators04
ポンポンっと小気味良い感じで譜面を作り上げていくことができます。

20150216 creators05
そして出来上がった譜面がこの狂想曲だっ!
いや、なんか、、もう、すんません。音符や符号の意味すらよくわかっていないので適当にしてみただけです。
実際音にしてみたら、どんなメロディを奏でてくれるのでしょうか。というより、一瞬で終わってしまうんですが…まぁ気にしない。

楽譜をウェブ上で持ちまわるにはログインが必要

1つ注意点があるとすれば、パソコンでの作業の続きをスマホでという場合に、楽譜を持ち回れるようにするにはログイン機能を使用する必要があるという点でしょうか。
このあたりは基本中の基本だと思うので複数のデバイス環境で楽譜の編集をしたいと考えている場合は譜面を作成する前にログインしておくことを忘れずに。

今回紹介したウェブサービスにはここからアクセス!

Creators





この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。