ワイヤレスでも急速で。SatechiのちょっとオシャレなQi対応ワイヤレス充電器

スポンサーリンク

コッコ
Satechiはなんでも洒落とるのう

ワイヤレス充電ってどうしても満充電までにかかる時間が長いと敬遠していたんですが、SatechiのQi対応急速ワイヤレス充電器はそんなイメージを覆す逸品でした。

充電のために端末にUSBケーブルを挿す必要がなくなる「おくだけ充電」

180215 9

ワイヤレス充電って端的にいってしまえば、スマホを充電パッドの上に置いてけば直接本体にUSBケーブルを挿す必要なく充電ができるよってことです。

で、Qi(チー)とはそのワイヤレス充電規格のことです。

これってすべてのスマホが標準でその規格に対応していればありがたいとは思いますが、今現在も対応する端末、そうでない端末とにわかれているので注意が必要です。

手持ちのスマホが対応しているかどうかは、日本向けに販売されている端末であれば、スマホの背面を見ればほとんどの場合ひと目でわかるのではないでしょうか。

だいたい対応していれば「Qi」のマークが記載されていると思います。

Qiの歴史って意外と古いもんで、2011年にはすでにQi規格対応のスマホなんかも登場しています。ただね、当時のワイヤレス充電器ってすっごく遅かった記憶があって、これはどうしたもんかと思っていました。

期は熟していた。ワイヤレスでも有線充電に負けない速さ!

180215 1

いやはや、スマホ界隈は端末もさることながら、周辺機器の進化スピード、対応力も恐ろしいほど早いものですね。

今回縁あってSatechiさんからご提供いただいた急速ワイヤレス充電器を利用させていただいたんですが、これが満充電までにかかる時間が恐ろしく短いんですよ。

もちろん、有線充電より急速というわけではありませんが、その差は正直誤差みたいなもんです。

試しにGalaxy S7 Edgeを0%の状態から有線、ワイヤレスそれぞれで充電してみたところ下記のような結果になりました。

有線:満充電まで約100分
ワイヤレス:満充電まで約120分

これほどまでに差を縮めていたとは知らなんだ…。

180215 2
180215 3

いただいたカラーはローズゴールドでしたが、ローズゴールドな部分って側面だけなんですね。スマホとの接触面はホワイトです。だからというのは変ですが、カラーアピールが控えめなおかげか、スマホカラーが何色でもそれほど違和感はなさそう。

180215 8

いや、もちろんローズゴールドが最も映えるのはピンク系統のスマホだとは思いますけどね。

ピンク系はちょっと…という方には、スペースグレイなんかシックでいい感じだと思います。

編集後記

ワイヤレス充電のメリットは、充電のためにケーブルを接続するという煩わしさから解放されるという一点だけだと思います。手軽さですよね。乗せるだけで充電されるっていう。でも、そこに価値を感じるのであれば、持っておくと良いアイテムのひとつだと思います。

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。