『ScreenPop』はロック画面からダイレクトに写真撮影→シェアできる素敵アプリ【Android】

スポンサーリンク

これはちょっと興味深い。
ロック画面をどう使うかっていうところは、スマホユーザーにとってひとつのポイントとなるところです。
●ガッチリしたセキュリティタイプ
●アプリへのアクセス重視タイプ
●デフォルトのロック機能の中から選んで使い続けているタイプ
など、大きく大別すると3タイプにわかれるんじゃあないかと見ています。
僕は今のところとある事件をキッカケにガッチリセキュリティタイプのロック系アプリを使っていますが『ScreenPop』のように遊び心のあるロック系アプリも通な感じがして魅力を感じます。

『ScreenPop』はロック画面から直接「メッセージを作成→送信」したり、「カメラ起動→撮影→落書き→メッセージ送信」といった一連の操作をこのアプリだけで完結できるアプリです。

スポンサーリンク

これまでとは一風変わったメッセージ送信機能つきロックアプリ

これまでにもロック画面からカメラを起動できる、メッセージを送信できるといった類のアプリがなかったわけではありません。だけど、『ScreenPop』はそれらのアプリと比べてストレスを感じることがほとんどないタイプのアプリです。

ストレスを感じないとは言うなればロックアプリからカメラ機能を使おうとすると、カメラアプリの選択からというのがほとんど。メッセージを送信するにしてもメールアプリをどれにしようかなと選ぶ感じ。
だけどこのアプリにはその選択がない。それだけでもストレスレス!

20150218 screenpop07
アプリを起動すると、電話番号の認証が行われます。認証しないと使えない感じ。【NEXT】をタップすると、電話帳に登録している連絡先が表示されます。

ここで1つのポイント。この画面では右上にある「SKIP」をタップして次に進んでおいた方がいい。悪いことは言わない。黙ってSKIPを押すんだ。
僕はここで適当な人の名前を探して【+ADD】をタップしてしまったばっかりに、この時点で友だちに無意味な無言メッセージを送信してしまっていました。
問答無用でメッセージを送信してしまっていたもんだから、これ何?という問い合わせを多々頂いてしまいました。

悪いことは言わん。黙ってSKIPをタップしてやり過ごすんだ。

ロック画面自体はシンプルなよく見るようなスタイル

無意味にメッセージを送信してしまったことに悪びれる様子もなく淡々とロック画面を表示させられるようになったら、少し大人になった証拠です。
で、このロック画面。目的の機能アイコンの上までスワイプすることで機能を使うことができます。

20150218 screenpop04
見た目はいたってシンプルな感じ。だけど時計や温度表示の設定をどこで変更すればいいのかわからずそのまんまです…。

シュッとしてパシャっとして落書きして送信!

もう表題通りな感じで、ここまでの流れを一連の動作で行うことができます。先述したように、様々なアプリ間を共有して写真を仕上げて送信するというタイプではなく、この『ScreenPop』の中だけでこれらの作業が完結してしまうところがポイント。

20150218 screenpop08
カメラが起動すると、インカメラの状態で起動するようです。撮影すると、画面にパレットなどが表示され、手書きで落書きができたり、テキストを入力することができたりと、思った以上に自由度が高いのもいい感じ。

一通り落書きし終わったら【Select Your Friends】から写真を送りつけたい人にチェックを入れて送信ボタンをタップするだけ!

とてもお手軽感が強いアプリでしょ?

ちなみに、送信したメッセージは相手も『ScreenPop』を使っている場合、ロック画面に表示されるようになります。要はロックを解除しないでもメッセージを確認することができるということ。

言い換えれば伝えたいことがある重要なメッセージなら、『ScreenPop』ならロック画面で確実に相手に伝えることができるということにもなるでしょう。

アプリのダウンロードはこちらから

ロック画面メッセンジャー『ScreenPop』

ロック画面メッセンジャー『ScreenPop』
開発元:Locket
無料
posted with アプリーチ

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。