アカウントの保護は最優先事項!『LOGDOG』で監視体制を整えるべし!

スポンサーリンク


アカウントが乗っ取られるのが1番困る。
今どきのウェブサービスって何かしらのアカウントがあれば簡単にログインできるようになってます。

特に多いのがGoogleアカウント、Facebookアカウント、Twitterアカウントあたり。つまりいずれかのアカウントが乗っ取られてしまったら他のサービスのアカウントが乗っ取られるのも時間の問題だったりしちゃう。

『LOGDOG』はアカウント監視の番犬的存在です。使用しているアカウントに何かしら問題が起きたら教えてくれる、飼い主思いな忠犬でした。

スポンサーリンク

主要サービスのアカウントをしっかり監視してくる

『LOGDOG』は自分が使用しているアカウントを常時監視してくれます。監視できるアカウントはGoogle・Facebook・Dropbox・Yahoo・Evernoteの5種類。主要サービスといったところでしょうか。ただし、Yahooにおいては「.co.jp」ではなく「.com」のみとなっています。

20150329 LOGDOG02
監視しておいてもらいたいアカウントは、右上の「+」から追加していくスタイル。主要5サービスのほか、対応予定となっているのがTwitter・LinkdIn・Instagramの3種類です。
アカウントが追加されると、すぐに監視が開始され、何も問題がない状態であれば「PROTECTED」と表示されます。

20150329 LOGDOG03
各アカウントについてタップすると詳細を確認することができます。たとえばどんなデバイスでログインしたかログインした場所はどこかといった情報なども簡単に把握できます。

不正ログイン? 状況はすぐさまアプリから通知される!

先述した通り、最近のウェブサービスの多くは主要サービスのアカウントでログインできるようなものが多くなっており、万が一これらのアカウントが乗っ取られてしまうと、他サービスにも不正に侵入・改竄されてしまう可能性も多いにあります。
不正ログインされないことが第一ですが、完璧に防ぐというのはなかなかに難しいことだとも思うわけです。

20150329 LOGDOG04
まさかまさかのアラート通知。油断していたらこれですよ。何やら僕のGoogleアカウントに不審なアクセスがあったという通知がきました。
今回はたまたまサードパーティ製のアプリからのアクセスが原因だったようですが、これが他の第三者からのアクセスだったとすればちょっと怖いですね。

20150329 LOGDOG05
ざっと見て自分のアクセスじゃないぞと感じたら【I’m not sure. Continue】から対応を考えていく必要があります。
アカウント一覧を見てみると「FIX!」と赤い警告色で表示されています。見た目からして危険感が見て取れますね。「FIX!」をタップすると、その後の行動を選択することができます。
明らかに自分で許可した覚えのないサードパーティ製アプリからのログインだったり、アクセスであれば迷わずパスワード変更を行いましょう。調べてから行う場合は様子見を。確認して自分だったのがわかれば警戒を解除すればOKです。

Googleアカウントのアクティビティを確認する方法を知っておくといいよ!

Googleアカウントは中でもやはり特に重要なアカウントなんじゃあないかと思います。FacebookはやっていなくてもAndroidユーザーであれば絶対にGoogleアカウントは必須ですしね。
というわけで、Googleアカウントのアクティビティについては自分で確認できるようになっておいたほうがいいでしょう。

20150329 LOGDOG06
PCブラウザまたはスマホブラウザからGmailにアクセスして【アカウント アクティビティの詳細】をクリックすれば、利用しているGoogleアカウントがいつ・どのデバイスでアクセスを行ったかといった情報を把握することができます。

20150329 LOGDOG07
気になるアクセスタイプがあった場合は「詳細を表示」から「アカウントのアクセスを管理」をクリックして詳細を確認してみましょう。

20150329 LOGDOG08
サードパーティ製アプリなどの場合、アカウント権限を確認することができます。周囲がグレーになっているものが詳細になります。ここで許可した覚えのないものがあれば【アクセス権を取り消す】などから権限を取り消しておくといいでしょう。

ロケーションに関してはけっこうアバウトな気がします。契約しているプロバイダの場所が表示されたりするんでなんとも言えませんね。

少々古いエントリーになってしまいますが、過去にGoogleアカウント・Facebookアカウントにおいて不正アクセスを受けた経験があります。

<参考>【Google】アカウントへの不正アクセスにご用心【Facebook】

不正アクセスに気付かないままでいると後々大変な事態に巻き込まれてしまう可能性もあります。自分の身は自分で守る。これは今も昔も変わりませんね。定期的に各アカウントのパスワードを変更するのが最良な方法なのかもしれませんが、なかなかそういうわけにもいかないというのも事実です。

せめて不正アクセスに敏感でいられるよう、『LOGDOG』にアカウントを監視させておくことを推奨します。

アプリのダウンロードはこちらから

LogDog: ハッカーからのプライバシー
LogDog: ハッカーからのプライバシー
無料
posted with アプリーチ





この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。