集中力も重要?YouTube見ながらタイピングを遊べる『typebeats』をプレイしてみた

スポンサーリンク

タイピングは感覚です。
よくパソコンで文字入力のスピードをアップさせるには何が重要かと質問されるのですが、こればっかりはキーボードを見ずにどれだけ正確にキーの位置を感覚で覚えることができるかがポイントになるんじゃないかと思います。
最近目にした中で、ちょっと面白いなと思ったウェブサービスが『typebeats』。YouTube動画を楽しみつつも、上から降ってくるキーをタイミングよくタイプして学ぶというスタイルでまさに音ゲー感覚で楽しめます。

スポンサーリンク

YouTube動画に合わせてタイピングを楽しもう

『typebeats』にアクセスしたら、まずはアカウント登録。Google+・Twitter・Yahoo! IDなどで登録することができます。登録が完了したらさっそく用意されている動画の中から選んで遊んでみましょう。

20150115 typebeats02

動画の数はまだそう多くはないものの、ゲーム・アニメ・CMソングといったものがそれなりに揃っています。けっこう遊びごたえがありそうな感じ。

実際に遊んでみた

なにはともあれ、実際に遊んでみないと善し悪しが掴めないのも事実。実際に人気譜面の中からいくつか遊んでみました。

プレイ中の動画。言い訳をすると、QuickTimePlayerでサウンドも一緒に画面録画すると、収録中は音がまったく聴こえないんです…。ちゃんと音が聴こえていたらスコアだってそれなりにいいんですよ! ほんとだよ!

20150115 typebeats04

実際にプレイして感じたことといえば、流れてくるキーが正直見にくい。慣れるまでタイミングがつかみにくいかな…。また、キーをしっかり確認しようと集中すると、動画には一切目がいかない。音を楽しめればいいかなくらいな感覚です。
でもまぁ、慣れてくるとそれなりに楽しめるようになってきます。

YouTubeの好きな動画でタイピング譜面を作ってみよう

『typebeats』はタイピングを遊べるだけでなく、自分の好きな動画を使ってオリジナルなタイピング譜面の作成もできます。YouTube動画のURLをコピペして作成していくだけ。

20150115 typebeats05

作成画面が表示されたら、動画を再生してテキトーにキーボードをタイプしていけば簡単にタイピング譜面の出来上がりです。指の動くままに、気の向くままに作っちゃってみましょう。やってるとタイピングするより譜面作成の方が面白くなってくるかも。

現状デストラクション【銀魂】 | typebeats.cloud
タイピング譜面を作ってみました。遊んでみてください。

実際に作ってみたタイピング譜面は上のリンクから遊ぶことができます。パソコンからアクセスしている人は、ぜひ遊んでみてください。思いのままにタイプしたのでけっこう難しい仕上がりになっていると思います。

タイピングが上達するためのポイントは?

『typebeats』とはまったく関係ありませんが、文字入力のスピードアップのポイントといえるかどうかはわかりませんが、僕はタイピングソフトというもので練習したことはありません。お遊び感覚でできるタイピングゲームなら数回程度遊んだことがあるくらい。
スピードアップにはやはりチャット系ツールで友だちと会話することかなと。かなり鍛えられましたからね。若かりし頃は夢中になって毎日ログインした記憶がある、今はなきMSNメッセンジャーでひたすら文字チャットで遊んでました。
今はそういったチャットツールはスマートフォンにお株を奪われつつある印象が強いですが、Skype・LINE・カカオトークなど、多くのものはPCからでも利用できるので、文字入力の遅さを嘆いているのであれば、いっそそういった連絡ツールの幾つかをPCで取り組んでみるのもいいと思いますよ。

『typebeats』にはこちらからアクセス

無料タッチタイピング音ゲー typebeatscloud



\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。