Googleマップ上を運転できる!『2D自動車シミュレーター』ほかフレームシンセシスのゲームのセンスの高きことよ

スポンサーリンク

Googleマップにこんな遊び方があったなんて…。
Googleマップを使いこなすっていうのは、ある意味こういう形なのかもしれないと思えちゃいます。
『2D自動車シミュレーター』というブラウザ上で遊べるゲームが最近ちょっとした話題になっていました。
Googleマップ上を車やバスで自由自在に駆け巡ることができるんです。
道路上だけでなく、こんなところやあんなところ、とにかく地球上をドライブするには最適なシミュレーターであることには間違いないでしょう。

Googleマップって暇つぶしに見ているだけでもなんとなく面白いっていう部分があるんだけれど、こんな遊び方を知っていれば暇つぶしが暇つぶしではなくなってしまいそうです。

スポンサーリンク

遊び方→自由! ガソリン代→不要! とにかく爆走せよ!

Googleマップの航空写真上を自動車・バスで走り回るだけなので、ガソリン代はかかりません。まさに究極のエコドライブかもしれない。

2D自動車シミュレーターの遊び方

20150223 framesynthesis02
遊び方というほどではないですが、簡単に説明を。2D自動車シミュレーターにアクセスしたら【START】をクリックすると、すぐにスタートします。スタート地点はGoogle本社。最初はここはどこだって感じになると思います。
基本操作はお察しかと思いますが、キーボードで操作する場合は矢印キーがドライブ操作になります。↑キーでアクセル、↓キーでバック、←キー/→キーでハンドル操作を行います。
1つ面白いポイントがあって、なんと運転操作中に方向指示器の操作なんかもできちゃいます
Deleteキーで左、PageDownキーで右、Hキーでハザードを焚くといった操作が行えます。なんとも地味だけど、ちゃんとしてるなぁと感心させられました。
Macでの操作の場合はfn+deleteキーで左、fn+↓キーで右、Hキーでハザードです。

20150223 framesynthesis08
自動車とバスの切り替えもワンクリック。なんとなく旅をするならバスで旅に出たほうが気分が出そう、そんな感じ。

素敵ドライブは「おすすめロケーション」から

せっかくガソリン代不要のドライブをするんなら、普段はなかなかお目にかかれないような場所をドライブしたくなるんじゃあないかと思います。
「おすすめロケーション」から行ってみたいなと思うところで存分にドライブ気分を味わってみてはどうでしょう。

20150223 framesynthesis05
ラスベガス、凱旋門なんてなかなか車で行こうと思っても難しいところだと思います。せっかくの機会なんでぜひドライブ気分を味わってみましょう。

20150223 framesynthesis06
道路以外の場所だって運転できちゃうのがシミュレーターの面白いところ。道路じゃなくてもお構いなく突き進むことができます。
最高速度はどうやら120km/hのようで、地球を一周しようと思うとそれなりに時間がかかりそうですねぇ…。

可能なら道路だけっていう縛りがあればそれこそ神シミュレーターになると思います。実際の交通ルールに則って運転できるような機能があればもっと面白そう。
それを機能として実装するのはそこはかとなく難しいんだと思いますが。

方向指示器の操作もできちゃうってことで、自動車免許取得のためのイメージトレーニングとしても役に立ちそうですね。

フレームシンセシスには面白そうなシミュレーター・ゲームがたくさん!

今回は2D自動車シミュレーター on Google Mapsについて紹介しましたが、実は他にも面白いシミュレーターやゲームがあります。

ランドルト・ウォーズ
ランドルト・ウォーズ

視力検査のCのマーク、あれってランドルト環っていう名前なんですね。まったく存じませんでした。Cのすき間っていうのかな? 空いている部分に棒を入れて消すっていうシンプルなゲームですが、けっこう難しくてムキになってもう1度、もう1度となっちゃいます。

実験作:3D駐車シミュレーター 試作版
3D駐車シミュレーター 試作版(Oculus Rift DK2対応)

実際に車でバック操作をやっている感覚になります。マウスで運転者の視点を動かしつつ目標の駐車位置に車を駐車するっていうゲーム。
当然ながら実際の車のバック操作とは勝手が違って難しい。実際の車のバック運転のほうがよっぽど簡単ですが、わかっていても何度も挑戦しちゃいます。

できるなら、サイドミラーの角度調整ができるようになればもう少しうまく操作できるかも…、なんて淡い期待を持ちながら遊んでます。

…これ、Oculus対応なんだ。すごい!

ゲームによってはゲームコントローラー対応のものもあるので、キーボードよりゲームコントローラーで遊んだほうがより熱中できるかも。
シンプルで面白いゲームが多いのでとても楽しめると思います。

よく個人でここまで開発できるものだと驚嘆してしまいますが、今後も素晴らしい作品を作ってもらえると嬉しいですね。

フレームシンセシスにはこちらからアクセス

フレームシンセシス(旧ジオクエイク)

\この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!/

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。