電子書籍もレンタルだと気楽?電子書籍デビューをするなら電子貸本『Renta!』から始めるといいかもよ!

スポンサーリンク


本を買うではなく借りるだと、少し気軽に使えそうな気がします。
実際の店舗でも、貸本というスタイルが定着してきているように思えます。僕の近所のレンタルショップなんかも、貸本は思っている以上に盛況の模様。

貸本だと、家に本が溜まらないというメリットがあります。これは電子書籍にも似たようなことが言えるんじゃあないかなと。
電子書籍を選択肢の1つとして考えているのに、いまだに足踏みしているようであれば、まずはRenta!を試してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

電子貸本「Renta!」4つのポイント

電子書籍といえばイメージ的に購入しか選択肢がないように思ってしまいがちですが、ちゃんとレンタルというサービスを提供しているところもあります。それが「Renta!」。Renta!のポイントはなんといっても購入ではなくレンタルであるという部分でしょう。

<Renta!のポイント>
  1. スマホ・タブレット・パソコン、どの環境でも読める
  2. 購入ではなくレンタルなので価格も安価
  3. レンタル期間は48時間! 電子書籍なので返却の必要ナシ!
  4. 会員でなくとも無料で読める作品が充実
とまぁ、こんなところ。
電子書籍を購入して、それがハズレな作品だと「ちくしょー!」と思ってしまいますが、それがレンタルだと「仕方ないか」とすっぱり諦められそうじゃあないですか?
価格的な意味でもハズレの作品を「540円で購入した」より「108円でレンタルした」ならある意味気付けてラッキーだと思うことができます。

もちろん、ハズレ作品を選ばないことが第一ですけどね。

そのため、無料サンプルは重宝する機能だと思います。

電子貸本「Renta!」のレンタルに必要な費用はおいくら万円?

他の電子書籍サービスは1冊あたりいくらかは価格が異なりますが、「Renta!」の場合はチケット制。1枚のチケットが108円となっており、本によって必要なチケット数が異なります。
48時間1チケットなら48時間108円ということ。レンタルにしてもレンタルショップに行くより安いです。
チケットの購入は1枚からOKですが、30枚・50枚・100枚での購入だとボーナスチケットがついてくるのでよりお得です。

20150325 Renta05
支払い方法に関しても、キャリア決済が使えるというのはとても大きなメリットなんじゃあないでしょうか。

レンタル中に気に入った本は、無期限レンタルに変更することも可能です。無期限とはその名の通り48時間を過ぎても手のひらに置いておけるということ。
レンタル中に無期限レンタルへの変更は、消費したチケット+α差枚チケットの消費でOKです(例:無期限レンタル4枚ならレンタル分1枚+差枚分3枚)。

まずは会員登録なしで無料作品を楽しんでみよう

「Renta!」では会員登録不要で楽しめる無料コミックの数も充実しています。電子書籍がどういうものなのか気になるけど手が付けられずにいるのなら、まずはここから試してみるといいでしょう。

20150325 Renta02
パソコンからでもスマホ版アプリからでもすぐに読み始めることができます。

20150325 Renta03
電子書籍を読む上で、最も気になる部分といえば読書時の操作性かと思いますが、心配とは無縁。ページめくりもスイスイっと行えます。

電子書籍デビューにも、安価で楽しめるレンタルはすごく魅力的で良いサービスだと思います。何から試そうか悩んでいるのであれば、まずは「Renta!」から試してみてはいかがでしょう。

「Renta!」の利用はこちらから

電子書籍レンタル「Renta!」(※ウェブ版)

マンガをお得にレンタルRenta!
マンガをお得にレンタルRenta!
開発元:Papyless
無料
posted with アプリーチ