Office for Mac 2016プレビュー版が登場!使用期限は60日だけど、ビルドが最新になれば公式リリースまでは使い続けられそうだよ【Mac】

スポンサーリンク


寝耳に水って感じ。
Mac用のOffice for Mac 2016のプレビュー版が登場、Officeのページからダウンロードすることが可能になっています。
正式リリース自体は2015年の後半になるとのことですが、いち早く試してみたいという人は、Microsoft Office for Macのページから無料でダウンロードすることができるので、試してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

Office for Mac プレビュー版の使用期限はどれくらいなの?

Office for Mac 2016の登場が本年度の後半、いくらくらいするのかなぁ、高いんだろうなぁという予想をする人もいるでしょうが、プレビュー版は無料で試用することができます

プレビュー版が「どれくらいの期間試用できるのか」というところが気になる1つの大きなポイントでしょう。試用期限としては、ビルド公開後、約60日間となっています。
約ってなんや〜…。60日なら60日と言ってくれればユーザーとしても助かるわけですが…。

「約60日」が経過しても新しいビルドが公開されたら再度試用が可能

嬉しいことに、約60日間が経過したら、もうOffice for Mac 2016プレビュー版が試用することができない…というわけではありません。
新しいビルドが公開されれば、そこから再度約60日間の試用が可能。

つまり、公式にリリースされるまでプレビュー版を使い続けることができるということです。
プレビュー版は定期的にOffice for Mac Auto-Updateツールからの通知で定期的に更新されるということで、おそらく試用期限切れが起きるということもないでしょう。

また、公式版のリリース後も約1ヶ月(30日間)はプレビュー版は動作が可能とのこと。

プレビュー版の試用にはYosemite(10.10)が必須

Office for Mac プレビュー版の試用において、システム要件でOS X Yosemiteであることが必須条件となっています。試してみたいけどまだMavericksだ、なんていう人はいい機会なのでアップグレードしておきましょう。

プレビュー版はどこで入手できるの?

Office for Mac プレビュー版の入手先はMicrosoft Office for Mac、Appleのページから。

20150306 office for mac pre02
【今すぐダウンロード】をクリックするとpkgファイルをダウンロードすることができます。

…がっ!

やはり気になる人がとてもとても多いのでしょう。僕も朝から何度もダウンロードにトライしていますが、エントリー執筆時(3月6日午後16時現在)もなお、正常にダウンロードすることができずにいます。

試したいけど試せない生殺し状態を味わっています。

20150306 office for mac pre03
触れていないのでなんとも言えませんが、パッと見た限りWindows用Office 2013と同じような使い勝手なのかなぁ、見た目的にと勝手な推測を立てております。

Mac使いにとって、Windowsとのやり取りで最も困ることの1つがOfficeファイルの共有だっていう人も多いはず。
Office Web Appsだったり、Office 365といったクラウドスタイルを使う方法や、Mac上にParallels Desktopなどを使った仮想デスクトップ上でWindowsからOfficeソフトを使う、はたまたOpenOfficeLibreOfficeといったOffice互換アプリもあるけど、できることならMac用純正Officeを使いたいというのが正直なところでしょう。
この機会にOffice for Mac プレビュー版を試しておくことをオススメしておきます。

Office for Mac プレビュー版のダウンロードはこちらから

Microsoft Office for Mac、Apple




この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。