風雲でも日本電視台でもない!日本のテレビ番組を視聴する方法【最新版】

スポンサーリンク

あえてご利用ではなくご使用で。
パソコンでのテレビ視聴する方法として、ガシュログではこれまでに2つ紹介してきました。1つは風雲Live、もう1つは日本電視台。いずれもブラウザベースで視聴できる手軽なサービスでしたが、風雲Liveは日本からのアクセス不可(現在プロキシ経由でも表示できない模様、サイト自体なくなった?)。日本電視台も4チャンネルのストリーミングから現在1チャンネルに減少しています。
今回紹介する『Niji Show』は以前注目を浴びたテレビ視聴ソフト「Niji」の名称が変更された形です。

復活の兆し?Niji Showのアップグレードでテレビ視聴が一部復活してるぞ〜!【Windows】

2015.01.23

スポンサーリンク

Update17/11/2①:今はテレビもそう高くない時代、格安4Kテレビなんていかがです?

同エントリー公開から既に3年超。いまだに多くのアクセスをいただいておりますが、3年という時間は個人の価値観を変えるには十分すぎる時間でした。

当時とは事情も大きく異なり、4Kテレビもそう高いものではなくなってきています。テレビの在り方が変わってきた今、PCでテレビ番組を見る必要性はほとんどないと思います。

最近のテレビってどうなってるの?とちょっとでも興味が沸いたのであれば、関連エントリー各種をどうぞ。

Android TVブラビアとNasneの無線連携がいまいち?その問題の解決にはTorne mobileが一役買うかも!

2017.11.01

Nasneを無線化して快適な録画ライフを送る準備を整えるためにやるべきただ1つの方法

2016.09.07

Nasne便利、超便利。これからレコーダー買うなら悪いことは言わん。黙ってNasne買っとき。【追記アリ】

2016.09.06

Mac内の動画をテレビで見たい?『Airflow』を使えば簡単に動画を再生できたよ。

2016.05.09

SONY BRAVIA KJ-43X8500C:Android TVを買ったよ。

2016.05.04

Update17/11/2②:テレビを買うのはやっぱりちょっと…ならば動画配信サービスはいかが?

ポッメ
そうはいってもテレビ買うお金がないからPCで視聴できる方法探しとるんやんけ

なかにはそういう人もいるでしょう。

そうであるなら動画配信サービスの利用はいかがでしょう。月額課金という形にはなりますが、テレビのように時間に縛られる必要がなく、自分の好きなタイミングで気兼ねなく楽しめます。

例えばdTVなら月額500円で最新のドラマやアニメだって見逃し配信で楽しめます

月々500円なら毎日コンビニで買っているジュースを5本我慢するだけで楽しめます。

え?違うの?dTVとdアニメストアの契約は別個!どっちがいいのか決めかねる【サービス比較】

2015.03.14

検討してみてはいかがでしょう。

登録が必要なものの、ソフトのインストールだけで視聴が可能

「Niji Show」は風雲Liveや日本電視台とはことなり、ソフトのインストールが必要になります。公式サイトからソフトをダウンロード&インストールして会員登録を行っていくことになります。

20140906 nijishow02

こちらがソフトを起動したところ。日本のチャンネルが11チャンネルが並んでいるのを確認できました。ただ、このままチャンネルをクリックしても視聴ができるわけではありません。登録作業が必要になってきます。

メールアドレス登録で視聴がテレビ視聴が可能になる

「Niji Show」を起動すると、右上に表示されているログインボタンをクリックして登録作業を行っていきます。

20140906 nijishow03

初回起動時は【新規取得】をクリックしてN+ Storeへの登録作業を行うことになります。

20140906 nijishow04

ブラウザが起動してN+ Storeの登録画面が表示されます。ここにメールアドレスとニックネーム(ID)、パスワードを入力して登録作業を行います。登録が不安だなと思う場合は捨てアドを使うといいでしょう。
今のところ特に不審なメールを受信するようになったというようなことはありません。

20140906 nijishow05

登録作業が完了すると、折り返しメールを受信するので内容を確認しましょう。

20140906 nijishow06

ログインした状態で改めてチャンネルをクリックすると、日本のテレビ番組が再生されます。画質的には十分視聴に耐えうるものかと思います。僕の環境(仮想環境Windows 7)ではテレビの番組表情報が取得できませんでした。
一時期繋がりにくい時期もありましたが、今のところストレスなく視聴が可能となっています。

Niji Showへのアクセスはこちらから

NIJI-日本語生放送テレビ 日本ネットテレビ

注)本エントリーで紹介しているNiji Showの使用を推奨しているわけではありません。