【意外と知らない】アプリを指定したデスクトップで起動させる【Mac OS Xのデスクトップ活用Tips】

20140210_MacDeskTop05

スポンサーリンク

アプリごとにデスクトップを切り替えるとごちゃごちゃしないで便利だよ。
Macのデスクトップは複数設置できることはご存知でしょうか。特に最近Macを使い始めた、中でもMacbookAirなどの場合に特に使えるデスクトップ活用Tipsを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Misson Controlを活用する

案外知られていそうで知られていない機能にMisson Controlという機能があります。デフォルトでDockに配置されてるアレですね。これは特に必要ないのでDock上から削除している人も多いかもしれません。

20140210_MacDeskTop01

Dockから削除してもショートカットや起動方法を覚えておけば問題ありません。 ●fnキー+F3キー ●マウスをダブルタップ ●トラックパッドの場合は3本or4本指をスワイプ で機能します。 アプリの切り替えにも便利だし、どのアプリがアクティブになっているかの確認もできます。 その上の部分に目を向けたことがありますか? 上には最初はデスクトップとダッシュボードが表示されています。 実はここに秘密があるのですよ。

デスクトップはたくさん増やせる

 

20140210_MacDeskTop02

マウスポインタを左上にもっていくと、【+】マークが出現します。これをクリックすると、デスクトップがどんどん増えていきます。 増えたデスクトップにアプリをドラッグ&ドロップすると指定したデスクトップにそのアプリを移動させることもできます。
 

20140210_MacDeskTop03

不要になったデスクトップは、マウスポインタを指定のデスクトップ上に持って行くと【×】ボタンが表示されるので、そこから削除することも可能です。
なんだかiOS 6時代までのマルチタスクみたいな感じですね。 ちなみにデスクトップ間の切り替えは、マジックマウスなら2本指でスワイプです。
 

特定のアプリを指定したデスクトップで起動が可能

単純にデスクトップを増やすだけなら特に紹介する必要もありません。 面白いのはここから。
例えば通常使うデスクトップをデスクトップ1として、特定のアプリは画面いっぱいに表示させておきたいこともあるでしょう。そういったアプリをデスクトップ2で起動させるように指定する方法です。
 

20140210_MacDeskTop04

 
起動させたいデスクトップ上に移動して、起動したいアプリを右クリック→【オプション】→割り当て先を【このデスクトップ】に指定することで、特定のアプリを指定したデスクトップで起動させることができるようになります。 僕は通常デスクトップを3つにしていて、RSSリーダーアプリなんかをデスクトップ2で、メール.appなんかをデスクトップ3で起動させるようにしています。 たかがアプリの切り替えですが、単純にマウスをスワイプするだけと思えばかなり捗ることがおわかりになるかと思います。
 

ちなみに…

マジックマウスでMisson Controlが機能しないという場合のやり方はこちら。

20140210_MacDeskTop06

システム環境設定から【マウス】の項目内にある「その他のジェスチャ」にて、Misson ControlをオンにしておけばOKです。 iMacでも便利に感じるので、MBAなんかだとより便利さを実感できると思います。

おすすめMac情報

 

20140210_MacDeskTop05

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。