【Mac】スクリーンショットでデスクトップがごちゃごちゃ。『Screenshot Path』で保存先を簡単指定しちゃいましょう

スポンサーリンク

デスクトップがスッキリしていいね!
Macには、画面を簡単に画像にすることができるスクリーンショット機能があります。だけどこの機能、デフォルトだとスクリーンショットはデスクトップに保存されるんですよね。個人的にデスクトップはスッキリさせておきたいほうなので、どうにかならんかなと思っていたところ『Screenshot Path』が見事に解決してくれました。

スポンサーリンク

スクリーンショットの撮影方法

Macユーザーなら知らない人はいないとは思いますが念のため。

スクリーンショットの方法

画面全体をキャプチャ:⌘(コマンド)+Shift+3

指定した範囲をキャプチャ:⌘+Shift+4

で行うことができます。
先述したとおり、通常スクリーンショットを撮影すると、キャプチャされた画像はデスクトップに保存されます。これが溜まっていくとデスクトップがゴチャゴチャしだすわけです。

20140513 screenshot path02

見た目的にも全くもって美しくない。使い始めたばかりのときってデスクトップを綺麗に整理して使う人も多いかと思います。意識している間はいいんですが、一旦んこんな風にデスクトップがゴチャゴチャしだすと整理するのも面倒になってきて、結局上の画像のように汚ならしいデスクトップに成り果てていくわけです。
スマートフォンなんかと同じですね。傷ひとつない綺麗な状態を保っていても、一度落として傷つけてしまうことで、もうどうでもいいかってなっちゃうような感覚。

スクリーンショットを保存するフォルダを作成しておこう

一度こういう状態になってしまうと、デスクトップの整理っていつでもできるって思ってしまいがちだからなかなかやらないんです。そういう状況に陥ってしまう前にスクリーンショットを保存するフォルダを作成しておきましょう。そこにスクリーンショットが保存されるようにしておけば、滅多なことではデスクトップを汚すことはなくなるはずです。
そこで試してみたいのが『Screenshot Path』というアプリ。何ができるかっていうと、スクリーンショットの保存先を指定することができる。たったそれだけなんだけど地味に使えるヤツなんです。

20140513 screenshot path03

アプリを起動すると、最初の保存先がDesctopになっていることがわかります。というより、デスクトップってDesctopって書くんですね。今までずっとDesktopだと思っていましたよ。…、ていうかDesktopですよね?
それはともかくこれをスクリーンショットを保存したい場所に変えるだけ。

20140513 screenshot path04

新たにスクリーンショットの保存先に指定したいフォルダを『Screenshot Path』にドラッグ&ドロップしてあげるだけでOKです。これでDesktopがスクリーンショットで埋め尽くされるという見た目的にブサイクな状況を打破することができます。
terminalからでも変更することは可能ですが、こちらのほうが手軽に行えて使いやすいと思います。

アプリのダウンロードはこちらから

Mac Attender – Screenshot Path

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。