【Mac】夏に向けて熱暴走対策を考えてみた

スポンサーリンク

Macと熱暴走、切ってもなかなか切れない縁ですよね。

今年の夏も暑いのかなと思うと、本当にイヤになります。

僕のiMacもよく熱暴走してくれます。
一度ゾーンに入るともうお手上げ。涼しくなるまで騙し騙し使ってました。

マジックマウスやワイヤレスキーボードの接続が突然切れるのも
もしかしたら熱暴走が関係してるのかな〜なんて思います。

面倒なんで調べてませんが。

スポンサーリンク

これまで熱暴走の対策としては定番だったFun controlを使っていたんですが、これだとステータスバーに温度が表示されないんで、別途アプリをインストールする必要があったわけです。

そんなときに見つけたのがMacs Fan Controlでした。
これは運命と思いつつアプリの乗り換えを決意。

これ、結構便利です。

a3309124.png

ファンの回転数と温度を両方表示してくれます。ありがたし。

39ebb317.png

DVDドライブ、HDD、CPUそれぞれの回転数を自由に設定できます。

68c73160.png

システム制御、一定の回転数に設定、温度センサーで自動制御の3つから選べます。
温度センサーの場合、指定した温度に達したときに自動でうるさくなります。

うるさくなっても、熱暴走で操作不能に陥るよりはマシですからね。

さらにこれ、BootCampでWindowsに切り替えてもOKなように、Win用アプリも用意されてます。
まぁ、これだけで夏を乗りきれるわけではありませんが、今のところ頑張ってくれてます。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。