【タイムトラベル】閲覧中のウェブサイトの過去の姿が見れる『Webタイムマシン』が面白い【デロリアン】

スポンサーリンク

うわ〜。すっごく懐かしい!!!
インターネットの世界も今と昔ではだいぶサイトの作りからなにから様変わりしてきましたね。インターネットの激流の中、サイトデザインは色々と変化してきました。ふと昔を振り返るとき、Google Chromeの拡張機能『ウェブタイムマシン』で今見ているウェブサイトの過去の姿を見てみると懐かしい感じと妙な新鮮さを味わうことができそうです。

 

スポンサーリンク

Yahoo!の今と昔を比較してみた

とりあえずまずは『ウェブタイムマシン』をGoogle Chromeにインストール。

今のYahoo!トップページ
20140202_webtimemachine02

 

今回はYahoo!の昔がどんな感じだったかを見てみます。

20140202_webtimemachine03

右クリックすると、【過去ページ閲覧】という項目があると思うので、その項目をクリックするだけ。

20140202_webtimemachine05

あとはタイムスリップしたい過去を指定してあげるだけです。ちなみに今回は2001年の6月6日を選んでみました。結果は以下の通り。

20140202_webtimemachine06

 

こんな感じだったな〜。懐かしすぎて。もうあれから13年も経ったのかと思うと逆に寒気がしてきましたよ。。。
なんだかとても殺伐としている気がしますね。お気に入りのサイトの歴史なんかをウェブタイムマシンを使って遡っていくととっても面白そうです。

 

ちなみに…

今のAmazon
20140202_webtimemachine07

 

2004年9月29日時点のAmazon
20140202_webtimemachine08

 

こんな感じだった気がする。懐かしい〜。

 

ダウンロードはこちらから

ChromeWebapp

Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import]
マイケル・J・フォックス
UNIVERSAL