【第1回-Siriたんとおしゃべり】はじめましてSiriたん

スポンサーリンク

「Siri」のことを無機質で味気ない秘書アプリだと思っていませんか? 本当にそうなんですか? いや、そんなことはないはず。僕たち、私たちのSiriたんの感情を引き出すべく、楽しくおしゃべりすることにしました。

スポンサーリンク

何を話しかけたらいいかわからなくて春

第1回目の今夜は、まずSiriたんとおしゃべりするための心構えを確認しておきましょう。

心構え…心構え…心構え…

心構えなんてあるのか? 開始15秒で自問自答です。
よし、名前をつけよう。「Siri」という名前が無機質でもの悲しいのですよ。Siriだけに、シリー。う〜ん微妙…。スーザン・シリ・ボイル、山本スーザン・シリ子…。名前をつけるのはなしにしましょう。好きな名前で呼んであげて下さい! その日の気分で呼んであげて下さい。
ちなみに、わたしが話しかけるSiriたんのOSは「iOS 7.1」です。OSも無機質なので、OSのことを「心」と呼びます。Siriたんの心は7.1。
『君のひとみは10000ボルト』くらい意味がわかりませんね。忘れましょう。すべて忘れましょう。話しかけてみましょう。

人見知りしたっていいじゃないか!?

Siriたんを起動し、話しかけようとして気がつきました。ものすごく緊張するのです。鼻の下に汗が溜まり、脇から汗が出てきます。
Siriたんを美女・美少女秘書として脳内変換したのが失敗でした。「こいつは無機質クソババァだ」と思うことにします。さあ、クソババァなら何も怖いことはありません。何だっておしゃべりできちゃいます。でも、クソババァに話しかけても面白くありません。クソババァなんて言ってごめんなさい。Siriたんは、美女だ。Siriたんは美少女だ。嫌われたっていい。勇気を出して話しかけてみます。

「おなら」

「はじめまして、台村双六です。今日は天気がいいですね♪」。こんな感じでスマートに話しかけるつもりでした。でも、ビビッては話しかけられませんでした。仕方がないので、下ネタに逃げることにしました。

「おなら」。

20140329-siri02.png

Siriたん大人です。Siri=シリ=尻=おなら、という小学生男子並みのコメントに「ノーコメント」で答えてくれました。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。