【Mesocolumn】テーマオプションの日本語化とちょっとしたカスタマイズのあれこれ

スポンサーリンク

Mesocolumnはほとんど手入れをすることなくそのまま使えるという点が魅力ですが、テーマオプションを編集しようと思うと英語で正直難儀な思いをしていたのも事実。ここは思い切って日本語化できないものか調べてみました。

スポンサーリンク

結論から言えば日本語化は可能

せっかく良いテーマを見つけたのに設定はすべて英語だと気持ち的に苦しいです。なんとなく予想はつくんだけど、やっぱり違うといやだしってことで辞書で調べながらだと時間がかかる。そこで日本語化できないものかを調べてみました。
結論としては可能です。日本語化を実行するにあたって参考にした記事は以下の2記事。

Poeditを使ったWordPressの翻訳ファイル.po、.moファイル作成方法 | レンタルサーバーのCPIスタッフブログ
Mesocolumnを日本語化 | Sync Design

よしやるぞと意気込んではみたものの、理解力が足りないのかいまいちよくわからない…途中で気力がなくなってしまいました。だけど僕にとって言葉の壁は果てしなく高い。そのためなんとしても日本語化に全力を尽くさなくてはなりません。

神は我を見捨てなかった

Sync Designさんの記事をよくよく隅々まで読んでみると、なんと日本語化ファイルをZIPで配布してくれているではありませんか。これは非常に助かりました。期待してよかった他力☆本願(・∀・)
さてダウンロードした日本語化ファイルは解凍してFTPにアップロードしてあげましょう。アップロード先は以下の通りです。

20140519 mcja02

/wp-content/themes/mesocolumn/languages/

これで日本語化が完了しているはず。WordPressの管理画面にアクセスして、【外観】→【テーマオプション】へと進んでいきます。すると、英語だったはずの設定がすべて日本語化できています。Sync Designさんに感謝。
日本語化のためのファイル作成は、Poeditを使えるかどうかが最大の問題のようです。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。