iMac、iPhone、iPad……「i」ってなんや〜?「i」にはそんなにたくさん意味があったのか。

スポンサーリンク

iMacやiPhone、Apple製品の頭についている「i」という文字にはどんな意味が込められているんだろう。

それぞれの製品の頭文字となっている小文字の「i」に違和感がなさすぎてこれまで気にも留めていなかったけど、ふと気になったらもう、気になって気になって仕方がない!

そこで調べてみることにしたら、思いのほか多くの意味が込められていたことに驚き

え?なんとなく想像できるって?

おそらく今あなたの頭に思い浮かんだ1つは正解だと思います。しかし、他にも複数の意味を兼ねていたようなので紹介します。

スポンサーリンク

初めての「i」はiMacに付けられた

20161108 i02

初めて「i」が頭文字についたApple製品は1998年に登場したiMacだったのだそう。

今はもう見ることができないスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションでiMacの頭文字「i」の意味するものが何かという説明がありました。

こちらのiMac紹介動画の35秒からiMacの頭文字「i」の意味についてジョブズが紹介を始めます。

「i」には5つの意味が込められている

ジョブズはiMacの頭文字「i」に5つの「i」を頭文字とする5つの単語について紹介しています。

  1. internet(インターネット)
  2. individual(個人的な)
  3. instruct(導いてくれる)
  4. inform(知らせてくれる)
  5. inspire(ひらめかせてくれる)

  6.  

インターネットの「i」というのはなんとなく予想通り感が強いけど、それ以外にこんなにも「i」を頭文字とする様々な意味が込められていたんですね。

もちろん、これは今の「i」で同じことを意味しているのかは定かではありません。

今はもはやモノまでインターネットに接続する時代ですから、もっと別の意味になっているのかもしれません。

「i」を冠する製品やサービスは今現在iMac、iPhone、iPad、iPod、iOS、iTunes、iCloudあたりでしょうか。

それぞれにそれぞれの「i」の意味が違うのか、それともずっとこの5つが継承されているのか。

自分で「i」の意味を見つけろというメッセージなのかもしれません。

編集後記

ふと気になっただけだけど、けっこう名付けの意味って面白いですね。やっぱり子どもの名前決めるときと同じなんだなあ。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。