【AQUOS PHONE】今のうちに知っておいた方がいい話【ZETA SH-02E】

スポンサーリンク

おはようございます。

ようやくAQUOS PHONE ZETA SH-02EのCMが始まりましたね。

スポンサーリンク

auで発売されたAQUOS PHONE SERIE SHL21のような
昔のMacチックなCMとは違ってなぜかホッとしてます。

ちなみに昔のMacのCMはこちら。

近いものを感じないですか?
こういうCMは日本人ウケはよろしくないように感じるなぁ。

まぁ、そんなことはどうでもよくて。
僕が住んでいるど田舎では、AQUOS PHONE ZETA SH-02Eのブルーを
余裕の1番で予約したことは以前の記事で触れていますが、

購入時に関して、特に初Xi対応スマホにするという人には
FOMA時代とは料金体系が大きく異ってくるので注意しておきましょう。

基本料金体系を紹介します。

タイプXi2ねんorタイプxi

・タイプXi2ねんの場合
 780円/月で通話料が21円/30秒
途中で契約回線を解約する場合、9975円別途必要となります。

・タイプxiの場合
1560円/月で通話料が21円/30秒

どちらのタイプも無料通信分はありません

またどちらのタイプも
ファミ割MAX50
ひとりでも割50
いちねん割引
ゆうゆうコール
などFOMA時代に利用していた既存の割引サービスとの併用はできません

●Xi割引サービス
Xiカケ・ホーダイ定額制

700円/月でドコモの携帯電話ならFOMA・Xi問わず無料となります。
こちらは必要がある人のみ申しこめばいいでしょう。
今は無料通話アプリも豊富にあるので、必要か不要かは判断が別れるかと思います。

●Xiパケット定額サービス
こちらは3タイプから選べます。

①Xiパケ・ホーダイ ライト
4935円/月で3GBまでXiの高速通信の恩恵を受けることができます。
3GBを超えた場合は、それ以降の通信速度は当月末まで128kbpsの制限を受けることとなります。
また、3GBを越えても速度を維持したい場合は、別途申し込みを行うことで2625円/2GBで
通信速度を維持することができます。

②Xiパケ・ホーダイ フラット
5985円/月で7GBまでXiの高速通信の恩恵を受けられます。
こちらも7GBを超えたあとは、当月末まで128kbpsの通信速度制限を受けますが、
①と同様、別途申し込みを行うことで2625円/2GBで速度を維持できます。

③Xiパケ・ホーダイ ダブル
2100円〜6510円/月のダブル定額製サービスです。
月々5000KBまでの使用であれば2100円。
月々15500KB以上であれば6510円。
こちらも7GB以降は128kbpsの速度通信制限があります。
また、①②と同様に、別途申し込みを…以下省略。

●SPモード利用料
既存サービスでいうiモード利用料ですね。
こちらが315円/月ということになります。

+αで月々割賦払いの人は端末代金の割賦分が加わります。
−βで月々サポート代金が端末割賦代金から引かれます。

FOMA時代よりスッキリした印象の料金体系となっていますね。

また、12年12月31日までに購入する場合は、
Xiスマホ割でタイプXi にねんを選択した場合は780円/月が1年間無料になります。
ドコモ10年超えユーザーの場合
ありがとう10年Xiスマホ割で2年間無料になります。

僕はあと半年足りませんでした。
残念。

さてさて、ここで気になるのがやっぱり
Xiカケ・ホーダイは必要なのか?
パケット定額サービスはどれがいいのか?

この2点かと思います。

Xiカケ・ホーダイは本当に人によるとしか言いようがないですね。
無料通話アプリで事足りている場合は不要ですし、
月々の通話料金が700円以下で収まっている場合も不要ですよね。

パケット定額サービスは
①か②の2択しかないでしょう。

でもパケットやGBといったデータ通信量をいきなりいわれても
なんのこっちゃってなりますよねー。
まずは自分が月々どれくらいパケット通信を行なっているか見てみましょう。
基本的には利用明細に書いてあると思います。

または、ドコモのMy docomoからも確認できます。
僕の場合はこのようになっています。
3b0aee43.png

これをGBに換算すると0.024GBです。もっと言えば約25MBです。

基本的にWi-Fiでの運用を行なっているため、7GBなんてまず行かない。
ということで①のXiパケ・ホーダイ ライトで十分です。

みなさんも自分のパケット通信量がGB換算でどれくらいか調べたいなら
こちらのサービスにアクセスして自分のデータ通信量がどれくらいか調べてみて
確認してみるといいでしょう。

ちなみに③のプランだと、
下限の5000KBは40000パケットで4.8MBです。
上限の15500KBは124000パケットで約15MBです。

まぁ、簡単にいえばYouTube動画1回再生すればあっという間に上限を
超すと考えてもらえればいいのではないでしょうか。

ということで簡単に僕の場合のプランの確認。
タイプXi 2ねん+Xiパケ・ホーダイ フラット+SPモード+(端末割賦代金−月々サポート)−Xiスマホ割で

1年目のみ
780−780+4935+315+3360−β
8610−β円ということになります。

また、オプションでこれから若干変わってくることもあります。
携帯やスマホをよく壊してしまうという人は、
ケータイ補償お届けサービスへの加入をしておくと
安心かもしれません。

万が一落とした、画面が割れたといった場合に
5250円で新品と交換できる補償サービスです。
380円/月とかかってしまいますが、高価な買い物となるので
補償はあったほうがいいでしょう。

最終的には
8610+380−β=9040−β円ということになりました。

まぁ、僕は今回補償サービスに加入するかどうかはまだ決めかねていますが。

AQUOS PHONE ZETA SH-02Eの購入に限らず
他のドコモのAndroidスマホ購入時のプラン選択時の参考になればと思います。

量販店予約組の事前開通処理の話がちらほらと。

僕もおそらく発売日当日購入は予約番号1番なので大丈夫かと思いますが
そういった連絡がまだないので若干不安気味です。

早く確定電話こないかなー。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。