AQUOS PHONE ZETA SH-02Eの魅力と妄想

スポンサーリンク

久々の個人的機種変更で
テンションが上がりっぱなしで
申し訳ない。

誰に謝ってんだって感じですが、
AQUOS PHONE ZTEA SH-02Eの現時点でわかっている魅力と
個人的妄想をつらつらと。

まずなんといってもIGZOディスプレイですよね。
静止画表示中の消費電力が従来のものと比べて公称値で4.8倍
動画再生も公称値で2.8倍

体感でもおそらく普通に使えば2日ほどは持つのでしょう。

スポンサーリンク


4.9インチHDディスプレイは思っていたほど
大きさを感じない点も個人的にはいいのかなと思います。

イヤホンジャックに差し込める小型タッチペンに関しては
特になんとも思いませんが、まぁあれば便利に使えることがあるかもしれませんね。

カメラの起動の速さは素晴らしい。
アイコンをタップしておよそ0.4秒で起動は速いです。
手鏡モードなんていうのもあるんですね。

ホームに関してはFeel UX。
3ラインホームは
アプリページ・ウィジェットページ・ショートカットページの3ページ構成。
これは人によって使い勝手がいいと感じるか悪いと感じるかはなんとも言えませんね。
僕的には別途ホームアプリをインストールしてガシガシカスタマイズしたい感じです。

ステータスバーに関しては、他メーカーのスマホより使い勝手はいいと思います。
並び替えのカスタマイズもできるのはありがたいですね。

ドコモPalette UIに関しては初スマホっていう人にはいいかもしれませんが
僕には無用の産物となりそうです。

「トントン」でアプリを起動するFinger Step機能はおそらく使いどころがないでしょう。
結局音声ランチャーなだけで目新しい機能でもないですし。

デフォルトで
モンスターハンターDynamic Huntingっていうアプリが入ってるみたいですね。
モンハンはやったことがないのでわかりませんのでなんともいえず。

大画面でもクリアに聴き取れるダイレクトウェーブレシーバー
モックでは試せなかったのでわからないですが、
パネルが振動して音を伝えるらしい。
これはどうなんだろう。個人差があるらしいけど。
入手してから検証することにします。

シークレットモード搭載キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
電話帳のシークレットモードだけでなく、
電話やメールの着信画面シークレットなど、
後ろめたいことやってる人でも安心のプライバシーモードは嬉しいですね。

デフォルトの電話帳だけでなく、
マーケットからインストールした電話帳アプリにも対応ってとこが素晴らしいです。

電話帳アクセスモニター機能
これもいいかも。アプリによってはなんでこんなアプリにこんな権限が必要なんだ?ってアプリも
けっこうありますよね。確認するにこしたことはないけど、
忘れちゃったときに活躍してくれるのかも。

NOTTTV対応
これは本当に要らない子。名前がNOTTVなのにテレビでCM流すような矛盾するアプリは
速攻で凍結してやります。

FMトランスミッタ機能付きは
個人的に最も嬉しい。
SH-12Cにはついてなかったですからね。
車運転するときに、音楽流すときなんかのために
FMトランスミッタを買おうか迷っていたところなんで
これで買わずに済みます。

ベールビュー機能は個人的には要らないけど
大画面で覗き見されやすい分、安心って人も多いかもしれないですね。

あとは卓上ホルダもありがたい。
でも、僕は仕事に使うことがほとんどだろうから
結局直繋ぎするんだろうけど。

あとは今後のアップデートに関する問題だけですね。
ドコモはアップデート放置し過ぎな上、GoogleはAndroid 4.2の使用条件に
断片化につながる行為を禁止するという項目を追加しました。
つまり、メーカー独自のカスタマイズは今後できなくなる可能性があります。

日本独自の仕様が原因でOSのアップデートができないことは許されないと
Google先生もおっしゃっているわけです。
もっといえば、そんなもんはアプリで対応しろ、できなければ機能としてのせんな!
とお怒りなんですね。

これから先どうなるかはわかりませんが、
日本仕様のAndroidスマホが見られるのも、今冬・来春/夏あたりが
最後になっちゃうかもしれません。
それはそれで面白いけど。

せめてSH-02EもOS 4.1へのアップデートには対応してもらいたいです。

とりあえず、あと6日が楽しみで仕方ない!

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。