【第2回】ADW.Launcherを学ぶ【ホームアプリ】

スポンサーリンク

こんにちわ。
ADW.Launcher実践第2回目。
今回は設定関係のことについて。

ADW.Launcherはいじればいじるほど
カスタマイズが楽しくなってくるホームアプリです。

43a7170d.png

ADWの設定はメニューボタンからADWSettingsから行います。

Screenでは主にホーム画面に関する設定を行います。

9bff511a.pngad07fb30.png

ズラッと項目が並んでいますがColumns・Rowsの部分をまずは押さえておけば
いいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

配置できるアイコンの数を変更できます。
Columnsが横・Rowsが縦です。
最大10×10の100個までアプリのショートカットを設置できるようになります。

App Drawerはアプリのドロワー表示に関する
設定を変更できます。
6e5548f7.png

こちらもScreenと同様にアプリの表示数を最大10×10で変更できます。
ランドスケープ表示に切り替わったときの表示設定もいじれます。

Iconsはその名の通り
アイコンの表示に関する設定です。
c6593ab9.png

アイコンラベルのカラーや影、ラベルの表示サイズなどを自由に変更できます。

App Dockではドックの設定を。
b2fc6b42.png

ドックには最大7個までアプリを設置できます。
Dock sizeから設定しましょう。
Auto Closeにチェックを入れておくと、
普段はドックが隠れるようになります。スワイプで呼び出して
表示します。

Gesturesでは
ジェスチャー操作時の設定を行います。
0c9515cd.png

自由に機能を割り当てるといいでしょう。

Systemでは
445666cf.png

設定をリセットしたり、バックアップ&リストアなんかもできちゃいます。

aff2078f.png

Advanced settingsからより詳細な設定を変更できます。
Overlap widghetsでウィジェットをかぶらせたり
Hide StatusBarでステータスバーを通常時は隠しておいたりと
好みのカスタマイズができます。

今回はADWの設定に関して紹介しました。
次回はいざ、カスタマイズしてみましょう。

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。