【Facebook】不要な連携サービスは『Online Privacy Shield』を使って逐一チェック&連携解除【Twitter】

20140126_OPS01

スポンサーリンク

ちょっと手軽に連携しすぎた感がありすぎる。 FacebookやTwitterなんかのSNSアカウントで簡単にログインできるアプリやサービスが世に溢れかえってますでしょ? 登録が簡単にできるってもんで割とSNSアカウントでログインを選びがちですが、それがかえって危険な場合もあります。 連携サービスの解除方法や見直しをしたいと思ったら、『Online Privacy Shield』がけっこう便利かも。  

スポンサーリンク

 

使用しているサービスアカウントの連携をサクッとチェック

20140126_OPS02

Facebook・Twitter・Google・Yahoo!・LinkdIn・Dropbox・Instagram・Forsquare・Flickrと全部で9種のアカウントに関して調べることができます。 が、無料版ではどれか1つのアプリしか調べることができないので注意してください。 もし、複数のアプリの連携状況を調べたければ、月額課金するか、リンクをシェアしてリンク経由で他ユーザーに『Online Privacy Shield』をインストールしてもらう必要があります。 なので最もよく使うアカウントを最初は見ればいいと思うんだな。  

とりあえずスキャンしてみた

20140126_OPS03 20140126_OPS04 とりあえずホイホイと連携しがちなFacebookアカウントで連携アプリ数を調べて見ました。 思っていた以上に大杉。。。 人に危険危険言う前に自分が処理しなきゃいかんですね。

20140126_OPS05

127も連携してるんじゃちょっと見るのもイヤになるなぁ。 でも、【取り消す】をタップするだけで連携が解除されるので簡単です。もう使わなくなったアプリなんかは、連携しているだけで無駄なので、じゃんじゃん取り消してスッキリさせておきましょう。

20140126_OPS06

時折通知でアプリがアカウントにアクセスしたよ〜っていう情報を教えてくれます。 もしかしたら、連携したつもりはないけど連携してたっていう怪しいアプリがあるかもしれませんよ。 こういう時代ですから、個人情報は少し意識を持って管理したいですね。  

ダウンロードはこちらから

20140126_OPS01

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。