【Android】iOS 7風のコントロールセンターをAndroidで使える【iOS7 Quick Control】

20140121_iOS7QuickControl06

スポンサーリンク

iOS 7から搭載された機能の1つ、コントロールセンター
悔しいけどちょっとかっこいいですね。
下から上へシュッと引っ張ってWi-Fiをオンにしたり、明るさを調整したりなどなど。
Androidでもステータスバーを上から下に引っ張って同様のことはできますが
見た目は完全にiOSのコントロールセンターに軍配があがります。

そんなコントロールセンターを真似た『iOS7 Quick Control』ですが、これがなかなか使い勝手がよろしいようで。

スポンサーリンク

見た目は”ほぼ”コントロールセンター

20140121_iOS7QuickControl04 20140121_iOS7QuickControl05

 

見た目は”ほぼ”コントロールセンターです。
違う部分といえばAir PlayやらAirDrop、iPodコントロールがないという点でしょうか。
これは仕方がないですね。
その代わりといってはなんですが、着信音・アラームの音量調整バーが割とハバをきかせています。

マナーモード設定も可能ですが、組み合わせを理解するまで少し時間が必要かも。

赤で囲っている部分はアプリランチャー部分。
タップしたらアプリが起動します。

アイコン長押しで起動アプリを変更することも可能です。

起動位置を好みで変更できる

20140121_iOS7QuickControl01 20140121_iOS7QuickControl03

アプリとして起動することで、起動位置や起動領域をある程度好みで変更することができます。
【Start Service】【×】から【+】にすると使用が可能となり、【Touchable Area】から変更してみましょう。

下から上に引っ張る操作自体の変更はできませんが、左・中央・右の好みの位置に設定することができます。
他のランチャー系アプリと競合しないようスタイルに合わせて設定するといいでしょう。
僕の端末では時折強制終了してしまうこともあるので、デバイスとの相性もあるかもしれません。

iPhone風のスタイルを味わうには必要十分なアプリですね。

ダウンロードはこちらから

20140121_iOS7QuickControl06

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。