【野良Wi-Fi接続前に】『Hotspot Shield Wi-Fiセキュリティ』で安全に通信を行おう【セキュリティ注意報】

20140126_HSW01

スポンサーリンク

セキュリティ意識は少し高い方がいいね。
Wi-Fiスポットが充実してきた昨今ですが、Wi-Fiスポットは活用してますか?
日本でもこれまで有料契約のWi-Fiスポット数の方が圧倒的多数でしたが、徐々に無料のWi-Fiスポットが増えてきつつあり、ユーザーにとっても嬉しい限りなのですが、手軽に使える反面、危険とも隣り合わせである可能性も否定はできませんよね。

例えば同じ無料Wi-Fiスポットに悪意あるユーザーが接続している場合、もしかしたらあなたが通信したデータを抜き出しているかもしれません。

そこで『Hotspot Shield Wi-Fiセキュリティ』を活用して、匿名性を高めてセキュリティを向上させようというお話です。

 

スポンサーリンク

普通に接続すると何が危険なの?

無料のWi-Fiスポットに接続すると何が危険かというと、先述したように万が一悪意あるユーザーが同じWi-Fiスポットに接続していた場合、通信したデータを傍受される可能性があるということ。

例えば仕事で必要なデータを編集していたとしたら、そのデータが悪意あるユーザーにもわかってしまいます。『Hotspot Shield Wi-Fiセキュリティ』を使ってWi-Fiスポットに接続すると、データが暗号化されて、解読ができない状態になる=安全性を高めることができるってわけです。

20140126_HSW02

アプリを起動すると、こんな画面が表示されるので、逆にドキッとしてしまいますが、とりあえず信頼してあげましょう。チェックを入れてOKをタップ。

20140126_HSW06

 その後の流れはこんな感じ。単純に【保護を有効にする】をタップして、ステータスバーの赤いアイコンがグリーンに変われば安全に使用できる状態が整いましたってことです。

このアプリは、アクセスが制限されている国外のウェブサイトでも閲覧が可能になるという特徴があります。

仕事などで急いでデータのチェックをしたいときなど、安全面を考えて入れておきたいアプリですね。若干通信速度が遅く感じますが、安全面が優先かなという気がします。

ダウンロードはこちらから

 

20140126_HSW01

この発見をまだ見ぬ多くの人に伝える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。